ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

BS再編で行われた「イラネッチケー潰し」とは

テレビとアンテナの間に入れるだけでNHKが視聴できなくなるフィルター「iranehk(イラネッチケー)」が、Amazonなどで売られています。ところが、BSはこれまでBS用1本でカットできていたものが、2018年春のBS再編でカットできなくなりました。そこには、イラネッチケー潰しの巧妙なトラップがあるのです。


スポンサーリンク
BS再編で行われた「イラネッチケー潰し」とは

イラネッチケーは地上波用とBS用

イラネッチケーはNHKが映らなくなるフィルターです。英字表記である「iranehk」は「いらねー(irane)」と「NHK」を合体させた造語になります。

このフィルターをテレビの端子に溶接したり、天井裏の分配器に設置するなど“簡単には取り外せない”状態だと、「NHKを受信できる受信設備」から除外される可能性があるようで、これまで2千本余りのイラネッチケーが売れているといいます。

現在、入手できるイラネッチケーは関東広域圏向け地上波用(総合とEテレ)と、全国共通のBS用(BS-3、15ch用)の2種類です。このうちBS用は、これまでBS-15chのみでNHK BS1とNHK BSプレミアムの両方を受信カットできていました。しかし、2018年春に行われたBS再編により、1本では受信カットできなくなってしまったのです。

BS再編の裏でイラネッチケー対策

BS再編は2018年12月から始まる新4K8K衛星放送用に周波数を確保するために、既存の2K放送の帯域を削減。さらにこの再編で、チャンネルの変更も実施されました。BSデジタルは、1チャンネルあたり2~3ch分のHD番組を放送可能です。

以前は、BS-15ch(NHK BS1でNHK BSプレミアムが利用)だったものが、改変後はBS-3ch(NHK BSプレミアム・WOWOWプライム・ディズニーチャンネルが利用)と、BS-15ch(NHK BS 1・スターチャンネル2・スターチャンネル3が利用)といった具合に、NHKの割当てが他番組との共同利用となりました。

このため、BS-3chをカットすると、NHK BSプレミアムに加えてWOWOWプライムやディズニーチャンネルが、BS-15chをカットするとNHK BS 1・スターチャンネル2・スターチャンネル3が視聴できなくなってしまうのです。BS再編の裏でイラネッチケー対策が密かに盛り込まれた…というのは考え過ぎでしょうか。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。