ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フル電動自転車を公道で走らせるため必要なもの

同じ電動でも「電動アシスト自転車」と「フル電動自転車」では大違いです。アクセルが付いていてペダルを漕がずに走れるフル電動自転車(モペット)は、日本国内の法律では「原動機付自転車」の扱いとなります。フル電動自転車はメルカリでも販売されており、中にはリミッターカットされた35km/h超えの車体もありました。


フル電動自転車を公道で走らせるため必要なもの


フル電動自転車で前科となる可能性

フル電動自転車で公道を走るには保安器具やナンバープレート、もちろん免許や自賠責保険の加入も必要になります。同じ電動でもフルとアシストでは大違いなのです。

ただし、見た目は自転車ということもあって、街中での取り締まりはなかなか困難な模様。警察官の前ではペダルを漕いでいるフリをしてやり過ごす知能犯も、少なくありません。

万が一、こういったモペットで事故を起こすと自動車と同様の罰則が課せられます。公道に出て飲酒運転で事故でも起こそうものなら大変。酒酔い運転や危険運転致死傷罪などが適応され、前科となる可能性もあります。


フル電動自転車に必要なものいろいろ

中には、時速100km以上出る海外製のフル電動自転車もあり、興味深いのですが、それとこれとは別。フル電動自転車は国内の法律に則って運用するようにしましょう。

フル電動自転車を公道で走らせるために必要なものはいろいろ。テールランプ・ブレーキランプ・後部反射材・ナンバープレート・番号灯などがあります。

このほか、バックミラー・ブレーキ・クラクション・ウィンカー・速度計・ヘッドライトなど。このほか、ヘルメット・免許証(普通自動車または原動機付自転車)に加えて、自賠責保険の加入が必要です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。