ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自転車の鍵の壊し方はマイナスドライバー?ハンマー?

自転車の盗難が後を絶ちません。それもそのはず、ママチャリなどの購入時に設置されている自転車の鍵である馬蹄錠は安価で脆く、マイナスドライバー1つあれば壊し方が実践できるものが多いのが実状です。馬蹄錠は、自転車の鍵の壊し方を熟知した乗り逃げを企む連中のマイナスドライバーの恰好の餌食となります。自転車の鍵に多い馬蹄錠はマイナスドライバーによる壊し方が広く知られているのです。


自転車の鍵の壊し方「馬蹄錠」はマイナスドライバー


自転車の鍵の壊し方にマイナスドライバー

ママチャリなどの自転車の鍵でよく使用されているのが馬蹄錠。馬蹄錠とは、馬のひづめのような形をした自転車の鍵で、読み方は「ばていじょう」です。自転車の鍵の馬蹄錠はリングロックやリング錠とも呼ばれます。

馬蹄錠は自転車のサドルの下あたりに設置されていて、リング状の鍵が後輪をロックする仕組みです。この馬蹄錠が、自転車の鍵の壊し方を熟知した乗り逃げ犯のマイナスドライバーの恰好の餌食になっています。

自転車の鍵の壊し方の手口は単純で、先端部が鋭利なマイナスドライバーなどの工具などを馬蹄錠の鍵穴に挿し込み、テコの原理で強引に破錠。自転車の鍵の壊し方で、馬蹄錠の内部のロックユニットをマイナスドライバーで外すまでにかかる時間は、わずか数十秒です。


自転車の鍵の壊し方でマイナスドライバー以外

実際に、自転車の鍵穴にマイナスドライバーを挿し込んでテコの原理を利用する壊し方でこじ開けてみました。すると、マイナスドライバーによる自転車の鍵の壊し方で、馬蹄錠に内蔵されていたロックユニットが簡単に外れてしまったのです。

また、マイナスドライバーを馬蹄錠の鍵穴ではなく、カバー部分のすき間に入れるという自転車の鍵の壊し方の報告もあります。すると、マイナスドライバーで馬蹄錠のリングにロックをかける装置が露出して、自転車の鍵を開けられるというのです。自転車の鍵の壊し方にマイナスドライバーではなくハンマーなどを使えば、一瞬で外せるでしょう。

こうしたマイナスドライバーによる自転車の鍵の壊し方を知っておくことは大切なことでもあります。マイナスドライバーによる壊し方で簡単にロック解除される馬蹄錠は、自転車の鍵としては不十分であることがわかれば、セキュリティ意識も高まります。


自転車の鍵の壊し方でマイナスドライバーが無理

また、自転車の鍵を紛失した時の開け方としてマイナスドライバーが使えることを覚えておけば、いずれ役に立つ時が来る可能性もあるでしょう。とはいえ、くれぐれもマイナスドライバーによる自転車の鍵の壊し方は悪用してはいけません。

いずれにしても、マイナスドライバーによる自転車の鍵は壊し方が広く知られているということ。マイナスドライバーによる自転車の鍵の壊し方で愛車を盗まれないためにも、U字ロックやチェーンキーなどの増設は必須といえるでしょう。たとえばマイナスドライバーによる自転車の鍵の壊し方が通用しない「ウルトラアーマードアラームロック」などです。

この自転車の鍵は4重構造のケーブルのためマイナスドライバーなどによる容易な壊し方では切断できません。また、自転車の鍵に異変があると96dBのアラームが鳴る機能付きです。実勢価格は3,180円となっています。


自転車の鍵の壊し方で前輪にマイナスドライバー

自転車の鍵の壊し方では、前輪と後輪とではどちらが難易度が高いのでしょう。シティサイクル用の自転車の鍵は、前輪または後輪に据え置きで設置するタイプが一般的です。

前輪用のカギは昔からあるシリンダー錠タイプで、マイナスドライバーによる自転車の鍵の壊し方を知らずとも専用キー以外の突起物でもカンタンに開いてしまったり、走行中に不意に前輪がロックされ大ケガをする恐れがあるということで、ほとんど使われなくなりました。

とはいえ、数十年前のモデルの前輪の自転車の鍵は傘の柄のパーツやヘアピン1本で簡単に解錠できましたが、最新の前輪の自転車の鍵はやや性能が上がったようで、シリンダー内部で複数のピンを同時に押さえる必要があります。そのため、自転車の鍵を開けるにはやや時間や専門性が求められようになりました。

とはいえ、前輪錠はカギ穴をマイナスドライバーなどでこじってしまう自転車の鍵の壊し方ではひとたまりもないので、基本的には単体での利用は避けたほうがよいでしょう。また、自転車の鍵の壊し方以前に、プラスドライバーがあればロック状態のまま自転車本体から外せてしまう、致命的な弱点もあります。


自転車の鍵の壊し方3種とマイナスドライバー

後輪用の自転車の鍵は、シリンダー錠・ボタン錠・ディンプル錠の3タイプがあります。いずれの自転車の鍵も基本構造は同じで、キーあるいはボタンで操作を行うとスチール製のストッパーがスライドし、開錠する仕組みです。

シリンダー錠は、シリンダー付近にマイナスドライバーを突っ込んで捻るだけという自転車の鍵の壊し方で簡単にキー部分のプレートカバーがめくれてしまいます。自転車の鍵のその隙間にドライバーを挿し込み、軽く力を入れればカバーは難なく分離。するとストッパー機構が効かなくなり、ロックはあっさり解除されるという自転車の鍵の壊し方が通用します。

ボタン錠は、スイッチが可動するための隙間が存在。ここにマイナスドライバーを挿し込んでこじるだけという自転車の鍵の壊し方で3枚おろしになってしまいます。プレート上下、キーユニットが分離したらストッパーは効かなくなり、自転車のロックが解除されるという自転車の鍵の壊し方に狙われます。

ディンプル錠はピッキングに強く、シリンダーの強度も上がっており、通常のシリンダー錠のようにカギ穴部分を捻ることはできません。しかし、プレートを上下で合わせた作りなので、その微細な隙間にマイナスドライバーを挿し込む自転車の鍵の壊し方で狙われてしまうのです。


自転車の鍵の壊し方でマイナスドライバーに対抗

マイナスドライバーによる自転車の鍵の壊し方に対抗できるのはどんなタイプのカギなのでしょう。スポーツタイプの自転車の鍵で、主流なのが「ワイヤーカギ」。小さく軽量な自転車の鍵ため、バッグやポケットに入れておくのに最適です。

しかし、軽量なモデルほどワイヤーは細くなるため、ペンチやニッパーなどによる自転車の鍵の壊し方で容易に切断できてしまいます。数十万円する自転車の鍵には力不足です。街中で停める際は、こうした自転車の鍵の使用は控えた方がベターでしょう。

刃物に強い複数の金属プレートで構成され、コンパクトに畳むことができる「プレートカギ」は、じつは自転車の鍵の壊し方に弱いタイプ。持ち運びに適していますが、プレートを展開するとテコの原理で人力でも破壊できるとして、YouTubeなどでは“絶対に使ってはいけない最低のカギ”と酷評されたタイプでもあります。


自転車の鍵の壊し方でマイナスドライバーは無理

しかし、実際に自転車をロックした状態では力を加えるポイントが小さく、素手での自転車の鍵の壊し方はほぼ不可能。特殊なボルトクリッパーなどを用いても、切断対象であるプレートの幅は広く、自転車の鍵の壊し方を実行するにはかなりの時間を要します。コンビニに停める数分程度なら頼りになりそうな自転車の鍵です。

「チェーンカギ」はチェーンの外側を異なる素材で保護しているタイプが大半で、高価なモデルになると防刃布を巻き付けているものもあり、ニッパーなどでの自転車の鍵の壊し方では歯が立ちません。もちろん、自転車の鍵の壊し方としてマイナスドライバーでは無理でしょう。

ボルトクリッパーによる自転車の鍵の壊し方を試してみたところ、中のチェーンはなんとか切れても防刃布は健在でした。これでは解錠となりません。チェーン自体も焼き入れ加工がしてあり、切断による自転車の鍵の壊し方にはかなりの力を要します。

自転車の鍵の壊し方でマイナスドライバーは無理


自転車の鍵の壊し方にディスクグラインダー

今回、自転車の鍵の壊し方にはディスクグラインダーを使いました。これだけの手間が必要なら、街角に停めていてもある程度の自転車の鍵の壊し方に対しては安心でしょう。ただし、100円ショップで売られているものは、チェーンをビニールなどで覆っているので、当然ながら鍵の壊し方に対しての強度は格段に落ちます。

「U字カギ」は読んで字のごとく、アルファベットのUとIの金属パーツを組み合わせた自転車の鍵です。材質は軽量のアルミタイプからハードなスチールタイプまでさまざまですが、自転車用では軽量なアルミタイプが主流となっています。

軸が太いタイプがほとんどなので、一般的なボルトクリッパーによる自転車の鍵の壊し方では挟めません。業務用の大型油圧ボルトクリッパーや、ディスクグラインダーによる自転車の鍵の壊し方なら対応できますが、マイナスドライバーどころかこれらのツールを用意するほどの輩ならどんなカギでも太刀打ちできないでしょう。


自転車の鍵の壊し方でボルトカッター検証

ボルトカッターは本来、固着して外せなくなったボルトや、飛び出して危険な鋼材などを切断するために使用する工具です。ボルトクリッパーと呼ばれることもあります。テコの原理を利用して、小さな力で太い径の鋼材を簡単に切断するボルトカッターの威力に自転車窃盗犯は目をつけたのでしょう。

U字、チェーン型問わず、大部分の自転車の鍵の壊し方はボルトカッターに勝るものはありません。とくにレースタイプの高級自転車に乗ってる人はボルトカッターによる鍵の壊し方に注意しましょう。自転車の鍵の壊し方に使われるボルトカッターの実勢価格は、大きめのサイズで6,000円、小さめで3,000円ほどです。

さっそく、自転車の鍵の壊し方でボルトカッターがどれほど簡単かを検証してみます。まずは自転車の鍵「ワイヤー錠」からボルトカッターによる壊し方実験です。自転車の鍵のワイヤーをボルトカッターの刃先の奥の方までしっかり咥えさせます。その後、ボルトカッターの柄の端の方を握り閉じる力で簡単に自転車の鍵は切断できました。


自転車の鍵の壊し方のボルトカッター対策

続いて、よく自転車の鍵でサドル下の後輪に設置されている「馬蹄錠」でボルトカッターの壊し方を試してみます。自転車の鍵の壊し方はワイヤーと同じ。力が入りにくい場合は膝を支点にテコの原理を利用すると、ボルトカッターで自転車の鍵が簡単に切断できてしまいました。

窃盗犯が最も壊し方を苦手とする自転車の鍵が「Kryptonite New York」です。クリプトニウムという素材を使用しており、ボルトカッターでも壊し方が困難な自転車の鍵といわれています。

ボルトカッターでも壊し方が困難な自転車の鍵の実勢価格は20,000円と高価です。しかし、ボルトカッターによる自転車の鍵の壊し方から愛車を守るには必須アイテムです。

自転車の鍵の壊し方にスマートロックで対策

自転車鍵は多少、重くて扱いにくいとはいえ、壊し方対策のため口径が太いチェーンやU字ロックを選ぶのが基本です。また、自転車鍵は壊し方対策にチェーンの長さも重要。スポーツバイクは10㎏程度と軽いため、施錠された状態のままトラックで運ばれてしまう恐れもあります。

これを防ぐ方法が、自転車鍵で車体とガードレールなど動かない構造物と一緒にロックする「地球ロック」です。そのためにも、車体より余裕のある長さのカギを選びましょう。

ということで自転車の鍵の壊し方にチョイスしたいのが、指紋認証対応のスマートロックです。マ太いチェーンで物理的な強度があり、その上でスマートに開閉できます。ATITIの指紋認証の自転車鍵「チェーンロック」は、登録した指紋で開錠するスマートロック。IP65の防水性能で、雨ざらしになっても機能します。

自転車の鍵の壊し方でマイナスドライバーは無理

自転車の鍵の壊し方対策はマイナスドライバーでは困難

自転車の鍵の壊し方対策のチェーンロックの自転車鍵の指紋による開錠精度は優秀で、タッチしてすぐに開きます。自転車鍵の指紋登録はアプリを介さず本体への長押しで行う仕組みです。

自転車鍵自体は厚さ4.5mmのチェーンを防刃布でカバー。自転車の鍵の壊し方のイナスドライバーはもちろん、ボルトクリッパーでも切断は困難でしょう。全長は1mと、自転車と柵の両方に回しても十分な余裕があります。

自転車の鍵の壊し方にのチェーンロックの材質は亜鉛・合金鋼で、チェーンの直径は4.5mm。防水性能はIP65です。指紋登録枚数は20枚となっています。バッテリー容量は110mAhで、開錠回数は約1,000回です。長さ/重さは1m/750g。実勢価格は3,280円です。

■「自転車カギ」おすすめ記事
自転車の鍵はボルトカッターで簡単に切断できる

■「自転車」おすすめ記事
レンタサイクルが無料!駅で使えるタダ自転車
パナソニックが自転車をいまだに作り続ける理由
自転車ライトは対向車に配慮したモデルを選ぶ
自転車チェーンは速乾性の潤滑剤で超軽くなる
パンクしない自転車の大本命がエバーチューブ

■「カギ」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
車の鍵紛失を自分で解決するロックアウトツール
ドアノブ交換で玄関のカギをディンプルキーに

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • 自転車保険は月140円から入れるので加入すべし
    自転車保険は月140円から入れるので加入すべし
  • 自転車保険でもヘルメット着用は重要なポイント
    自転車保険でもヘルメット着用は重要なポイント
  • 自転車取り締まり危険行為に該当する15の違反とは
    自転車取り締まり危険行為に該当する15の違反とは
  • 自転車のあおり運転も自転車運転者講習の対象?
    自転車のあおり運転も自転車運転者講習の対象?

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次