ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

大阪方面の航空無線「ほんま」と「かいな」とは

航空無線の交信は英語が基本になっています。とはいえ、必要最小限の決められたことで交信されるので、英語が苦手な人でも航空無線は十分に理解できるのです。ところが、大阪方面の航空無線では「ほんま」「かいな」が聞こえてくるといいます。はたして、これは何を交信しているのでしょうか?


スポンサーリンク
大阪方面の航空無線「ほんま」と「かいな」とは

航空無線で目標となる位置を報告

飛行中の航空機が目印としているのが、地上から電波を発射しているVOR/DMEです。この他にも、適宜目標となる場所が全国各地に設定されており、航空無線で位置の報告や飛行方向を指示する時に使われます。

これらは「フィックス」や「ウェイポイント」と呼ばれ、国際的な取り決めで5文字のアルファベットで名前が付けられています。

例えば「APOLO(アポロ)」は千葉県君津市上空付近に設定された、東京国際空港A滑走路への進入経路上にあります。その近くにある「CAMEL(キャメル)」は同じくC滑走路への進入経路上のものです。頭文字を滑走路に合わせることで、分かりやすくしているのです。

そして、和歌山南部から大阪方面へのルートにあるのが「HONMA(ほんま)」と「KAINA(かいな)」というわけです。

アルファベット5文字という決まり

ネーミングは、地名や名物にちなんだものも多く、高知沖には高知県出身の漫画家にちなんで「ANPAN(アンパン)」、神戸市上空にはタイガースにちなんだ「TIGER(ダイガー)」まであります。

このほか、佐渡島上空は、金山から「GOLDO(ゴールド)」とネーミング。アルファベット5文字という決まりがあるため、正しいスペルを無視していることも少なくないのですが、雰囲気は伝わるでしょう。

航空路が新たに作られた時に設定されたフィックスには、食べ物っぽい名前が並んでいたりして、作成した担当者の趣味が垣間見られることも楽しみの1つ。ヘンな名前を探すのもおもしろいものです。

■「航空無線」おすすめ記事
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスの演技で機体の最短距離は1m

■「飛行機」おすすめ記事
世界中の飛行機の動きを追えるマニアックアプリ
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事