ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

近くに空港がなくても航空無線が受信できる理由

全国各地に100を超える空港があるとはいえ、自分が住んでいる地域には近くに空港が無い場合がほとんど。空港から離れたところでは航空無線は聞こえないと思うのは当然でしょう。しかし、高度1万mを飛行する航空機からの電波はよく飛ぶので、300km離れていても受信できることがあるのです。


スポンサーリンク
近くに空港がなくても航空無線が受信できる理由

航空無線は広い範囲で受信できる

航空無線で使用しているVHF帯の電波は直進性が強く、見通し範囲内に飛んで行くという性質があります。しかし、送信場所が山の上など高い場所にあれば、見通し範囲は長くなり、遠くでも受信できることになるのです。

空港の送信所は地上にありますが、航空機は上空を飛んでいます。管制側は聞こえなくても、上空から送信される電波なら、かなり広い範囲で受信可能です。

飛行高度や受信機のアンテナにもよりますが、300km離れた場所を飛んでいる航空機の交信が聞こえることも、珍しくはないのです。受信地によっては、隣国の航空路管制との交信が、受信できることもあります。

また、航空路管制の送信所は全国各地に点在しているため、近くに空港が無い場所でも管制官の交信を聞くことができるエリアは意外と広いのです。イメージにとらわれることなく、まずは周波数を合わせてみることをオススメします。

航空無線は平常運航時でも交信する

地元に空港はあっても小さくて発着便数が少なめという場合もあるでしょう。東京国際空港や関西国際空港のように、航空機が四六時中、離着陸している空港では、航空無線は途切れることなく聞こえてきます。航空無線は他の乗り物無線とは大きく異なり、平常運航時でも交信が行われているからです。

鉄道無線は、遅延が発生した時や事故が起きた時に無線が使われ、正常運行中は交信しません。対して、航空機は1機ずつ管制管から許可を得て動き出すので、正常に運航している時でも必ず交信があります。なので、発着便数の多い大空港からは、途切れることなく、航空無線が聞こえてくるのです。

これが地方空港になると状況は一変。地方空港のトラフィックは、1時間に1便以下のところも珍しくありません。平時でも交信があるエアーバンドであっても、離着陸が無ければ沈黙します。

大きな空港でも、運用時間外の深夜は離着陸が無いので、ほとんど聞こえてはきません。地方空港でエアーバンドを効率良く聞くコツは、タイムテーブル(時刻表)を調べて、離着陸が多くなる朝夕などの時間帯を狙うことです。

■「航空無線」おすすめ記事
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスの演技で機体の最短距離は1m

■「飛行機」おすすめ記事
世界中の飛行機の動きを追えるマニアックアプリ
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事