ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

戦争映画の「アルファ」「ブラボー」の意味は?

戦争映画や飛行機映画で「アルファ」「ブラボー」などの単語を耳にしたことがあるはず。これはアルファベットを誤認しないように頭文字を使った「フォネティックコード」と呼ばれるものです。航空無線でも聞き間違いを防ぐために、フォネティックコードが使用されています。詳しく見ていきましょう。


戦争映画の「アルファ」「ブラボー」の意味は?

フォネティックコードで間違い防止

航空無線を初めて聞くと「チャーリー」や「ウィスキー」など妙な単語が出てきて、何かの暗号かと誤解する人が多いもの。航空無線の交信では「B」を「ビー」とは言わずに「ブラボー」と言い換えています。これは「D」の「ディー」と混同しないため。Dは「デルタ」と言って聞き間違いを防いでいるわけです。

これは「フォネティックコード」と呼ばれる、世界共通のアルファベットの発音方法。航空無線の交信を理解する際には、絶対に必要になるので必ずマスターしておきたい基本用語です。「MとN」や「TとP」など、ふだんの会話でも聞き取りにくいアルファベットを伝える時にも活用できるでしょう。

実際のフォネティックコードを見ていくと「A」はアルファ、「B」はブラボー、「C」はチャーリー、「D」はデルタ、「E」はエコー、「F」はフォックストロット、「G」はゴルフとなっています。

航空関係者はフォネティックコード

続いてのフォネティックコードは「H」がホテル、「I」はインディア、「J」はジュリエット、「K」はキロ、「L」はリマ、「M」はマイク、「N」はノベンバー、「O」はオスカー、「P」はパパ、「Q」はケベックと続きます。

そして「R」はロメオ、「S」はシエラ、「T」はタンゴ、「U」はユニフォーム、「V」はビクター、「W」はウィスキー、「X」はエクスレイ、「Y」はヤンキー、「Z」がズールです。

フォネティックコードは、航空無線のあらゆる場面に登場するもの。航空関係者は無線に限らず、アルファベットを伝える時はフォネティックコードを使って会話します。座席番号が「20D」なら「20のデルタ」と呼ぶわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事