ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

走行中のカーナビ操作とテレビ視聴の制限を解除

カーナビは走行中の操作やテレビ視聴が制限されています。とはいえ、助手席からもカーナビが操作できず、わざわざ停車するのも不便な話です。このため、カーショップではナビの制限解除キットが数千円で売られています。そこで、カーナビ操作やテレビ視聴の制限を数百円で解除する方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク
走行中のカーナビ操作とテレビ視聴の制限を解除

カーナビの制限解除キットは数千円

道路交通法では、車両が停止している時を除き、原則として運転手がディスプレイを注視するのを禁止しています。メーカー純正のカーナビが、走行中に周辺検索などの操作ができないようになっているのはこのためです。

カーナビはメーカーの自主規制により「周辺施設を探す」ボタンも走行中は非表示。テレビに関しては純正・社外品問わず初期設定では、シフトポジションが「P」、もしくはサイドブレーキが引かれてないと視聴できない仕様です。

とはいえ、助手席の人間がカーナビを操作したり、注視することが禁じられているわけではありません。メーカーが十把一絡げで自主規制しているだけ。カーショップなどでは、カーナビの制限解除キットが数千円で普通に売られています。

カーナビの制限をキットなしで解除

しかし、機種によってはカーナビ背面にある配線ケーブルのうち、パーキングセンサー用のたった1本を分岐してカーナビにアースするだけで制限は解除可能です。

用意するのは、ケーブルの被覆を剥いたりハンダ付けしたりする手間なしで手軽に配線分岐が行える「ワンタッチ配線コネクタ」と20cmほどのケーブルだけです。費用は数百円もかかりません。

カーナビの制限をキットなしで解除するには、まずカーナビが装着されている化粧パネルを外します。基本的にはネジ止めされていないので、上部を指で押さえつけて引っ張るか、内装剥がしをすき間に挿し込んで手前に引くとよいでしょう。機種によってはネジ止めされていることもあるので注意してください。

続いて、両サイドにあるネジをドライバーで外して、カーナビをコンソールから引っ張り出します。ここで、ケーブルからパーキングセンサー用を探すのです。


スポンサーリンク

カーナビによっては解除できない

メーカーごとのカプラタイプ別パーキングセンサー用ケーブルの色分けは、日産の20Pは「青/黄」、4Pは「若草」。トヨタの5Pは「水色」、21Pは「黒/白」となっています。ホンダの3Pは「赤」、スバルの14Pは「若草」、マツダの24Pは「紫」、スズキの5Pは「黄緑」です。

目的の配線ケーブルが見つかったら、ワンタッチ配線コネクタで分岐。分岐したケーブルを、カーナビ側面のネジに共締めしてアースしたら制限解除完了です。

なお、カーナビによっては解除できない機種もあるので、事前に情報収集した上で自己責任で行ってください。また、制限解除をしても運転者が走行中にカーナビやテレビの画面を注視するのは違反行為。運転者がカーナビを操作したりテレビを視聴する時は、駐車場などに停車して行ってください。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事