ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「ETC利用照会サービス」で履歴をネットで確認

ETCで高速道路を利用した場合、料金所で使った金額が出口ICで表示されますが、その金額を記録しておくためにはドライブレコーダーなどで撮影しておかなければならず不便です。また、高速料金の使いすぎもチェックしたいところです。そうした際に便利なのが、ネットでETCの履歴を確認できる「ETC利用照会サービス」です。


「ETC利用照会サービス」で履歴をネットで確認

ETC利用照会サービスは過去15か月

ETCで通行料金を支払った場合、その場で領収証が発行されないため、決済に利用しているクレジットカードの利用明細で、使った金額を確認することになります。しかし、この利用明細は「ETC料金 東 カゾ」のように降りたICのみが書かれているため、どこからどこまでを走行したかが分かりません。

もちろん、通行料金の金額自体は分かるので、家計簿を付けたりするにはこれで十分ともいえます。しかし、出張経費として申請するなど、仕事で使う際には高速道路を乗り降りした詳しい情報も重要。そうした場合、ETCサービスの主要6社が共同運営するETCの利用履歴情報サービスが便利です。

「ETC利用照会サービス」と呼ばれるこの仕組みは、あらかじめアカウントを作成しETCカードを登録しておくことで、Web上から最大過去15か月までさかのぼり、細かいETC利用状況をチェックすることができるのです。

ETC利用照会サービスのアカウント

ETC利用照会サービスのアカウント作成には、連絡先のメールアドレスに加え、過去にETCを使った際の利用日・ETCカード番号・ETC車載器管理番号・ナンバープレートに大書きされた4桁番号の4セットが必要になります。

この4セット部分については、過去の利用状況と一致していればOK。自家用車ではなくレンタカーでETCを利用した場合についても、その際の4セットを正しく入力すれば、アカウント登録ができます。

一旦登録ができれば、ETC利用照会サービスのサイトにログインすることで、過去15か月までのETC利用状況を確認できるようになります。また、ETCを利用することで受けられた割引額や、ETC限定の乗り放題サービスの利用料金もここでチェック可能です。

また、ETC利用照会サービスで作成したアカウントには最大10枚までETCカードの紐付けが可能。そこで、家族カードなどで複数枚のETCカードを家族で持つ場合、全部をひとまとめにして管理することもできます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事