ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCの「利用明細書」を発行する3つの方法は?

現金やクレジットカードで高速道路を乗ると、料金支払時に領収書が発行されます。しかし、ETCで高速道路を利用した場合は出口のICやランプは素通りで、当然領収書ももらえません。そこで、ETCサービスでは領収書代わりの「利用明細書」を発行しています。このETC利用明細書、どうすれば発行できるのでしょうか。


ETCの「利用明細書」を発行する3つの方法は?

ETC利用明細書をSA・PAで印刷する

ETC利用明細書を入手する方法として、NEXCO3社と首都高速・阪神高速・本四高速のSA・PAに設置されているETC履歴発行プリンターで印刷する方法があります。このプリンターにETCカードを差し込むと、ETC利用履歴の読み上げがスタート。本体にある「印」ボタンを押すと読み上げた履歴の利用明細書が印刷される仕組みです。

この方法は、SA・PAに行くだけで特別な機材も手続きも不要という意味でお手軽です。しかし、利用明細書が発行できるのは料金が確定した分のみ。つまり、印刷を行っているときの高速道路利用分については利用明細書が発行できないという欠点があります。

頻繁に高速道路を利用するドライバーであれば、次に高速道路を利用するときに印刷すれば対応できますが、年に数回程度しか高速に乗らないといった場合、利用明細書が手に入るのが数か月後といったことになりかねません。そうした場合、どのようにすればよいのでしょう。

ETC利用明細書を一般レーンでもらう

ひとつは、出口ICでETCレーンではなく一般レーンを通り、係員にETCカードを渡し利用明細書を発行してもらう方法です。一般レーンを通過した場合も各種ETC割引にも対応するため、確実にその場で利用明細書をもらいたい場合は有効です。しかし、そもそも出口ICに料金所がない首都高速や外環道などでは使えません。

もうひとつの方法は、Web上からETCの利用履歴が確認可能な「ETC利用照会サービス」を利用するものです。ETC利用照会サービスには、最大過去15か月までのETC利用履歴について、利用明細書としてPDFファイルに出力する機能も用意されているのです。

このPDFファイルを印刷すれば、利用明細書として使うことができます。自宅で印刷した利用明細書が領収書として使えるのか、という疑問に思う人もいるかもしれませんが、税務署ではこの印刷したものを領収書と同等なもの、と見なしているようです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事