ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCマイレージで損をしないポイント還元の方法

高速道路を利用した額に応じて、ポイント還元が受けられる「ETCマイレージサービス」ですが、カメラ量販店などのポイントサービスと違い、そのままの状態では使うことができません。ポイントを使って高速道路を走るためには「ポイント還元」の手続きが必要で、その方法によっておトク度が変わってくるケースもあるのです。


ETCマイレージで損をしないポイント還元の方法

ETCマイレージのポイント還元は2種類

ETCマイレージで貯めたポイントは、そのままでは通行料金として使うことができず、ポイント還元の手続きが必要です。この手続きには、Web上で手作業で行うものと、一定数のポイントが貯まると自動的に還元される方法の2種類があります。

手作業で行う場合、ETCマイレージのWebサイトからログインし、ポイント明細画面のなかにある「ポイント交換」をクリックします。1ポイントから還元できるわけではなく、100ポイントごとなど会社別に決まった単位で行う仕組みです。

NEXCO3社(仙台松島道路を含む)と本四高速の場合、1000ポイントが還元の単位になります。ただし、1000ポイントで還元すると500円分になるのに対して3000ポイントは2500円分、5000ポイントは5000円分と、まとめて還元した方がおトクになる仕組みです。

ETCマイレージの自動還元で期限切れ

一方、愛知県道路公社・名古屋高速・広島高速・福岡高速・北九州高速は100ポイントが100円分、神戸市道路公社は200ポイントが100円分で、数多くポイントを貯めることによる還元率アップはありません。

また、自動還元はETCマイレージの登録情報に設定しておくことで、毎月20日に一定数のポイントがあると自動的に還元作業を行ってくれるというもの。NEXCO3社(仙台松島道路を含む)と本四高速の場合5000ポイント、その他各社は1000ポイントで自動還元になります。

自動還元を利用する際に注意したいのは、ETCマイレージのポイントには翌年度の3月20日までという有効期限があることです。例えば、2020年3月20日時点で2018年度の本四高速分が4000ポイント残っていた場合、自動還元だけではポイント期限切れになるので、手作業での還元手続きが必要です。


ETCマイレージの還元分は割引対象外

還元された通行料金分については、手続きの翌日から優先的に利用される仕組みです。例えば、高速道路の通行料金が1300円で還元額が1000円分残っている場合、還元額が使われた残り300円分だけがETC料金として請求されます。

還元された分については会社別は関係なくなり、NEXCO3社のポイント還元分を名古屋高速や広島高速の通行料金分に充てるといったことも可能。さらに、日光宇都宮道路や銚子連絡道など、還元分の利用のみ対応な路線もあるほか、NEXCO3社のETC限定乗り放題プランの料金としても使えます。

なお、還元額で通行した分はポイントや平日朝夕割の対象になりません。そこで、平日朝夕割での通行と還元額利用が重ならないよう、ETC限定乗り放題プランなど一気に使えるタイミングにあわせ還元を行う、といった作業でETCマイレージのおトク度をアップさせることも可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事