ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCを使うだけで無条件で割引になる路線とは?

ETC割引にはさまざまな種類がありますが、休日利用や深夜利用、あるいは何度も高速道路を走るといった走る条件が決められたものが多くなっています。しかし、ETCを使うだけで無条件におトクになる路線も存在。代表的なものがアクアラインと本四高速ですが、他にも30%以上おトクになるケースもあるのです。


ETCを使うだけで無条件で割引になる路線とは?

ETC割引は全国各地のNEXCO路線に点在

走行する時間帯に関係なく、ETCを利用するだけで割引になる道路で有名なのは、東京湾アクアラインと本四高速の3路線です。どちらも、当初料金があまりにも高く利用者が少なかったため、利用率アップのため地元自治体が通行料金の一部を負担することによりETC割引がスタートしました。

現在、本四高速については地元負担分がなくなりましたがETC割引は継続中で、利用方法によっては半額以下になることもあります。また、東京湾アクアラインについては千葉県が引き続き支援を行うことで、普通車の通常料金が3090円のところがETC利用では800円で走行可能になっています。

そして、ETCを使うだけで割引になるNEXCO3社の路線は東京湾アクアライン・本四高速以外にも、外環道をはじめ多数存在しています。そのなかから、紹介されることが少ないものの実はおトク度が高い路線について見ていくことにします。

トンネルや橋に多く見られるETC割引

今回紹介するのは、関越道関越トンネル・中央道恵那山トンネル・中部横断道飛騨トンネル・阪和道の一部区間・山陽道の一部区間・関門橋の6路線。このETC割引に共通しているのが、元々1kmあたりの通行料金が他の高速道路より高いところを、同じ水準まで値下げするという点です。

元の料金が高くなった理由は2種類あり、ひとつは橋やトンネルで建設コストが高いために特別料金を設定したパターンです。本州と四国を結ぶ関門橋と関越道関越トンネル、中央道恵那峡トンネル、中部横断道飛騨トンネルがこれにあたります。

もうひとつの理由が、最初に国道バイパスの有料道路として作られ、そのとき決めた高い料金設定がそのまま引き継がれている、というものです。阪和道の海南IC~有田ICと広島岩国道路がこちらのパターンになります。


ETC休日割引とETC深夜割引を適用

広島岩国道路といってもピンと来ない人も多いと思いますが、実質的に山陽道の一部となっている廿日市JCT~大竹ICまでと廿日市IC~廿日市JCTまでの区間です。山陽道と通しで走行した場合、広島岩国道路分は距離あたりの料金が高いうえ別計算で上乗せする仕組みのため、通行料金はさらに割高となっているのです。

そこで、ETC利用限定で通行料金を山陽道と同じ水準まで割引することになりました。割引額は、普通車で山陽道→広島岩国道路→山陽道と走った場合は一律410円。そこで、宮島スマートIC~岩国ICでは普通車の通常料金1270円が860円となり、割引率が30%を超えてしまうのです。

なお、今回紹介した6路線のETC割引に関しては、休日割引や深夜割引も重ねて適用されます。例えば、関越トンネルを挟んだ水上IC~湯沢ICの場合、通常料金が普通車1270円のところがETC利用で平日850円、休日・深夜はさらに600円まで割引になる計算です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事