ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC休日割引・ETC深夜割引の判定タイミングは?

ETCのメリットで一番大きいのが、休日や深夜などに高速料金が割引になるサービスでしょう。ところで、この「休日」「深夜」は、どこを通過した時間で判定しているのでしょうか。また、休日や深夜に走った分だけ割引なのかという割引対象も気になるところ。高速道路各社のETC割引の判定方法を調べてみました。


ETC休日割引・ETC深夜割引の判定タイミングは?

ETC割引対象の時間帯にいれば割引

走行時間帯によるETC割引は、NEXCO3社のほか本四高速・名古屋高速・播但連絡道・広島高速・北九州高速・福岡高速の各路線で行われています。これらのETC割引が、どこを通過する時間で判定するかは各社ごとに違いがあります。そこで、まずNEXCO3社からETC割引の判定方法を見ていくことにします。

NEXCO3社の場合、ETC割引対象となる時間帯に高速道路内にいれば通行料金を割引する、という考え方です。ちなみにNEXCO3社は、ETCを利用して対象路線を0~4時に走行すると深夜割引で30%割引、対象路線を土・日・祝日に走行すると休日割引で30%割引となります。

例えば、22時に高速道路に入り翌6時に降りた場合でも、全区間が深夜割引になります。この時間判定は、基本的には入口・出口のICで行う仕組みです。

ただし例外もあり、高速道路本線上に料金所がある場合、そこを通過した時刻で判定するケースがあります。例えば、東名高速東京ICの場合、ICを通過した時刻ではなく東京本線料金所の通過時刻になります。青森道の青森東IC、新空港道の新空港ICも同様で、本線料金所の通過時刻で割引判定を行います。

ETC深夜割引はアクアラインに注意

また、ETC深夜割引の対象でない京葉道路・東京湾アクアラインを通過する際は注意が必要です。それは、京葉道路・東京湾アクアラインを走行中に0時を過ぎ、そのまま降りてしまう、あるいは首都高速方面へ抜けた場合で、全線の通行料金が深夜割引対象外になってしまいます。

外環道を利用する場合も同様で、外環道通過中に0時を回り、そのまま外環道を降りてしまうと、深夜割引になるのは外環道の通行料金のみです。なお、東関道→京葉道路→館山道・関越道→外環道→東北道のように利用した場合は、同じ時刻条件でも京葉道路以外は全線深夜割引対象になります。

さらに、本線料金所がある区間ごとに料金を支払う東富士道路の場合、各区間ごとに割引判定が行われます。そこで、高井戸ICから須走ICまで走る場合、富士吉田本線料金所を23時59分に通過し、須走ICを0時過ぎに降りるようなケースでは、高井戸IC~富士吉田ICの料金が深夜割引対象外になるので要注意です。


ETC割引の時間帯に入口・出口を通過

普通車と軽自動車・自動二輪車向けに休日割引がある本四高速の場合、本四高速内のみ利用する場合とNEXCO3社と同じく、入口と出口の通過時刻の間が休日に含まれれば割引対象です。また、本四高速の各ICから乗りNEXCO西日本路線へ抜ける場合は、入口ICと本線料金所の通過時刻で割引かどうかを判定します。

一方、NEXCO西日本路線から本四高速に入る場合、本線料金所を含む出口ICの通過時刻のみで判定する仕組みです。これは、本四高速とNEXCO西日本の境界で時刻判定が行えないためで、休日から平日に切り替わる際には、本四高速内の走行時間を考慮して翌1時までに出口ICを通過した場合が休日割引対象になります。

名古屋高速が行う夜間・日曜祝日割引、播但連絡道の休日割引・通勤割引、広島高速のETC時間帯割引は、入口・出口の通過時刻の間にそれぞれの割引対象時間帯が含まれていればOK。均一料金制の北九州高速・福岡高速は、料金を支払う入口ランプの通過時刻で休日割引・夜間割引の判定をしています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事