ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

割引率が大幅アップする「ETC深夜割引」活用法

ETC利用で高速道路の料金が割引になるサービスのなかで、もっとも使える路線が多いのが「ETC深夜割引」です。深夜帯に走ればOKというシンプルな仕組みですが、走り方に注意しないとせっかくの割引を逃してしまうことも…。数千円単位で料金が変わるケースもあるので、あらかじめ頭に入れておくことが大切です。


割引率が大幅アップする「ETC深夜割引」活用法

ほとんどのNEXCO路線がETC深夜割引

NEXCO3社(仙台松島道路を含む)が行っているETC深夜割引は、ETCを利用して0~4時に高速道路を走行すると、通行料金が30%OFFになるというサービスです。曜日に制限はなく、軽自動車・自動二輪車から大型トレーラーまですべての車種が対象となるため、利用しやすいETC割引といえるでしょう。

また、ETC休日割引が首都圏と関西圏で大都市近郊区間に指定された区間と第二神明道路・沖縄道・関門トンネルが割引対象外なのに対し、ETC深夜割引は大都市近郊区間でも使えるのがうれしいところ。対象外になるのは、横浜横須賀道路・京葉道路・第三京浜・横浜新道・東京湾アクアライン・第二神明道路・関門トンネルの7路線のみです。

ETC深夜割引を受けるための条件は、基本的には「0~4時の間に高速道路内にいること」というシンプルなもの。例えば、東京ICから夜22時に東名高速に入り、翌朝6時に名神高速の西宮ICを降りたとしてもこの条件を満たすため、ETC深夜割引の対象となります。

ETC深夜割引の時刻判定をする場所

このように適用範囲が広いETC深夜割引ですが、注意点が2つあります。ひとつは時刻判定の場所。ほとんどのICを利用する場合は、出入口ICにある料金所を通過した時刻でETC深夜割引になるかどうかが決まりますが、なかにはIC手前または先にある本線料金所で判定しているところもあります。

例えば、小田原厚木道路の小田原市内については、時刻判定を行っているのは小田原本線料金所と小田原東ICの箱根方面出入口のみ。厚木IC方面から箱根方面へ向かう場合、小田原西ICを0時1分に降りるようなケースでは小田原料金所を通過する時刻が23時台となり、ETC深夜割引の適用外となってしまいます。

そしてもうひとつの注意点が、走行ルートによってはETC深夜割引の対象から外れるケースがある、というものです。一番分かりやすいのが、間に首都高速などの都市高速を挟む場合で、東名川崎IC~谷田部ICのように走行する際は、東名川崎IC~東京ICと三郷JCT~谷田部ICは別々にETC深夜割引かどうかを判定します。


ETC深夜割引で割引率が大幅アップ

一方で、分かりにくいのが同じNEXCO路線を走行していてもETC深夜割引の時刻判定が変則的になっている路線。数は少ないですが、札樽道・道央道の札幌近郊と東京外環道、東富士五湖道路、名古屋第二環状道路の4か所が要注意路線となります。

札幌近郊のケースでは、道央道札幌南IC~札幌IC・札樽道札幌西IC~札幌JCTまでが均一料金制の別計算で、時刻判定は最初に通過したICまたは本線料金所で行う仕組み。小樽方面から旭川方面へ抜ける場合、札幌西本線料金所を23時59分に通過してしまうと、深夜割引対象は札幌ICから先のみとなります。

東富士五湖道路と名古屋第二環状道についても札幌近郊と同様の仕組みですが、より複雑なのが東京外環道が途中ルートに入る場合です。このケースでは、東京外環道発着では東京外環道と接続する高速道路の時刻判定が別々ですが、東北道~東京外環道~関越道のような場合は、通算した時刻判定になるのです。

例えば、東北道の盛岡ICから東京外環道の和光ICへ行く場合、和光ICの通過時刻が0時1分になるとETC深夜割引対象は東京外環道区間のみとなり割引額はわずか160円。一方で、関越道の所沢ICまで続けて走行して0時1分に降りた場合はすべての区間がETC深夜割引となり、割引額が4230円と大幅にアップするのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事