ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

一番割安なETC割引ルートを簡単に調べる方法

NEXCO3社はそれぞれに高速道路料金検索サイトを用意していて、いずれも自社だけでなく全国各地のルート検索に対応しています。それぞれに特徴があり、なかでもNEXCO西日本のサイトはETC利用で便利な機能を搭載。ETC派ならぜひとも使いこなしたい、さまざまな機能を見ていくことにします。


一番割安なETC割引ルートを簡単に調べる方法

高速料金を4種類の方法で調べられる

NEXCO西日本の高速道路料金検索サイトは、トップページから利用できる仕組みです。画面左側にある「高速料金・ルート検索」となっている部分から、4種類ある検索方法のいずれかを選ぶと、高速道路の通行料金・ルートを調べることができます。

使える検索方法は「IC名の直接入力」「地図から探す」「路線名から探す」「都道府県で探す」といったもの。目的地近くのICが分かっている場合は直接入力。そうでない場合は地図から探す方法が便利です。

また、地図検索で表示される地図が実際の縮尺で表示されるのも、NEXCO西日本サイトの特徴です。NEXCO東日本・中日本のサイトが簡略化した路線図から探すのと異なり、目的地がどの辺にあるのかがおおよそ分かる場合、利用ICも探しやすくなります。

高速料金で一番割安なETC割引を表示

さらに、NEXCO西日本サイトの便利な機能として、検索結果を時間順・距離順・通行料金順に並べ替えることができる点が上げられます。料金については、現金・クレジットカード利用とETC利用の2種類に対応するので、合計4種類の並べ替えが可能です。

なかでも、ETC利用で通行料金が安いルートが表示できるのは、都市部のドライバーにはうれしい機能。というのも、ETC割引は同じ場所へたどり着く場合でも都市高速を利用した方が割安なのか、都市高速を迂回した方がおトクなのかがわかりにくいためです。

例えば、京葉道路の千葉北ICから関越道の川越ICまで向かう場合、3種類のルートを表示。ETC利用の場合、京葉道路~外環道~関越道というルートが、距離は長いものの一番割安と表示してくれます。NEXCO西日本サイトをうまく活用して、よりおトクにETC割引を利用してください。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事