ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

蔵王への往復がおトクなETC割引プランが発売中

山形県の蔵王温泉スキー場は、日本屈指の広さを誇るゲレンデが人気を集めていて、1月に入ると樹氷が見られることでも有名です。その蔵王へ首都圏から向かうときにおトクなETC乗り放題プランが、NEXCO東日本から発売中です。利用期間も3日間あり、たっぷりスキー&スノボを楽しむのにも便利です。


蔵王への往復がおトクなETC割引プランが発売中

発着エリアが違うETC割引プラン2種

NEXCO東日本が発売する「ウィンターパス 2020 蔵王プラン」は、首都圏エリアと蔵王温泉スキー場周辺までの高速道路往復が、ETC割引となるプランです。1月6日~4月6日の連続する最大3日間利用可能となっています。

蔵王エリア側で利用可能なICはかみのやま温泉IC~山形中央IC・山形蔵王IC~山形北ICで、首都圏側の発着エリアについては、2種類を用意。「岩槻~羽生発着」については岩槻IC・桶川北本IC・羽生IC・五霞ICが対象で、価格は普通車1万円です。

より利用範囲が広い「首都圏発着」についてはあきる野IC~下総IC(桶川北本IC・五霞ICを除く)・練馬IC~花園IC・川口JCT~浦和IC・三郷JCT~土浦北ICが発着エリア。価格は普通車1万600円となります。

ETC割引プランで快適にドライブする

また、高速道路往復のETC割引ほか、蔵王温泉スキー場内の施設や周辺ホテル・ショップなどで使える優待特典も用意。さらに、日本旅行の宿泊プランが2%オフ、蔵王温泉スキー場からほど近い蔵王ライザワールド・蔵王猿倉スキー場のリフト券割引、といった特典もあります。

高速道路往復分のおトク度は、川口JCTから蔵王温泉スキー場の最寄りである山形上山ICまで山形道経由で往復した場合、ETC休日割引の普通車往復通行料金は1万2400円。プラン利用の方がおよそ2000円ほど割安になります。

一方、同じ区間を東北中央道利用で往復した場合、無料区間が長い関係からETC休日料金は普通車1万840円と200円程度しか差がなくなります。ただし、米沢周辺の豪雪地帯を通過することになるため、ETC割引プラン利用で山形道経由にした方がより快適にドライブできる可能性が高いでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事