ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

登録だけで高速料金最大50%オフになるETC割引

ETCを使うと高速道路が安くなるサービスには、申し込み不要なものと事前に会員登録が必要なものの2パターンがあります。このうち、会員登録が必要なETC割引には「平日朝夕割」のように最大高速料金が50%オフになるものも存在。会員登録の手続きは簡単に行えるので、今すぐにでも申し込まないと損です。


登録だけで高速料金最大50%オフになるETC割引

利用回数で還元率が変化するETC割引

NEXCO3社では、会員登録をすることで通行料金に応じたポイントが貯まる「ETCマイレージ」というサービスを実施しています。このポイント自体は、最大10%還元となるシステムですが、実は会員登録することでさらに「平日朝夕割」というETC割引も自動的に利用可能となります。

平日朝夕割は、大都市近郊区間と東京湾アクアラインを除く高速道路を6~9時・17~20時までに走行した場合、最大100km分まで毎月の利用回数に応じ、翌月20日に通行料金として還元する割引サービス。この利用回数については、時間帯ごと各1回でカウントする仕組みで、毎日朝1回、夕方1回の1日あたり最大2回です。

還元される通行料金の割合は、月5~9回が30%、月10回以上で50%。一般的なポイント還元の場合、ポイントでのショッピングはポイント対象外ですが、平日朝夕割では還元金額を利用して走行した分についても対象になります。そこで、割引率も最大50%と、30%オフのETC深夜割引やETC休日割引よりおトクなのです。

平日朝夕割のETC割引が適用かの判定

平日朝夕割が適用になるかの条件は、6~9時・17~20時に高速道路上に自動車がいるかどうかで判断します。時刻判定については大都市近郊区間も含まれる仕組みで、例えば東京ICから5時に乗り沼津ICで7時に降りる場合、大都市近郊区間を除いた厚木IC~沼津ICが平日朝夕割の対象となります。

なお、平日朝夕割はETCマイレージ会員向けのサービスで、この会員登録にはETCカードのほかに自動車にセットアップされたETC車載器番号が必要。そのため、現在のところ自家用車を持たずにETCカードだけ利用しているドライバーは、ETC割引を受けることができません。

一方、一旦ETCマイレージに登録されたETCカードを使えば、レンタカーやカーシェアなど自家用車以外でも平日朝夕割を受けることが可能。レンタカー派がこの制限を回避する方法はいまのところないため、残念ながらあきらめるしかなさそうです。


平日朝夕割よりETC深夜割引が優先

そのほか、平日朝夕割を利用する際の注意点として、ETC休日割引やETC深夜割引の方が優先され、同時には適用されないことが挙げられます。ETC休日割引と重なることは事実上ありませんが、名古屋ICを3時に出発して8時に金沢ICに到着するようなケースでは、ETC深夜割引のみとなります。

この例では、走行分全部が30%オフとなるETC深夜割引の方が、平日朝夕割で100km分だけ50%オフになるよりも料金的にはおトクです。ただし、平日朝夕割の割引率を決める利用回数にカウントされないので、回数が足りない場合は気をつけてください。

なお、ETCマイレージのポイント還元金額と平日朝夕割の還元金額は同じ扱いで、残高がある場合は優先して通行料金として使用される仕組みです。また、還元金額には有効期限がなく、ETCマイレージ会員を退会するまで利用できるので、焦って高速道路で使おうとしなくても大丈夫です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事