ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCカードに対応した唯一のデビットカードとは

高速道路のドライブでいまや必須の「ETC」ですが、利用に必要なETCカードはクレジットカードと組み合わせるのが基本。これは、ETCが後払い制であることが理由で、銀行口座から即引き落としがかかるデビットカードではETCカードは作れません。しかし、ETCカードに対応したデビットカードを発行する銀行が1つだけあるのです。


ETCカードに対応した唯一のデビットカードとは

ETCカードとデビットカードの相性

デビットカードは、銀行口座から利用料金が即時引き落とされるカードで、銀行口座の残高まで利用可能な仕組みです。そのため、銀行口座があれば審査なしで発行できるほか、VISA・MasterCard・JCBといったクレジットカードの国際ブランドと提携したものであれば、ほぼクレジットカードと同様に利用可能です。

しかし、即時決済に対応できないサービスではデビットカードは利用できず、その代表的なものがETCです。ETC利用に必要なカードは、保証金(デポジット)を積む一部のカードを除き、クレジットカードに紐付ける形で発行されます。これは、ETCの決済システムが基本的に後払いをベースに作られているためです。

ETCを利用して高速道路を通行する際は、料金所ではETCカードが有効かどうかをチェックするのみで、実際の料金は途中経路やETC限定割引などを合わせて集計したうえ、後日クレジットカードへ請求が届きます。この仕組みはデビットカードとの相性が悪く、ほとんどのデビットカードではETCカードを発行できません。

銀行保証でデビットカードのETCカード

ところが、全国の金融機関で唯一デビットカードを利用してETCカードを発行できる会社があり、それが石川県金沢市に本店を構える北國銀行です。北國銀行へ口座開設のうえ、デビットカード「北越Visaデビットカード」を発行すれば、それに紐付ける形で「北國ETCカード」が利用できるようになります。

北國ETCカードの決済は、デビットカードと異なり後払い制で、2021年6月1日~8日のETC走行分については6月28日といった具合に、3~4週間後にまとめて銀行口座から引き落とされます。つまり、北國銀行がクレジットカード会社と同様の信用保証を行うことで、ETCカードの利用が可能となっているのです。

北國VISAデビットカードは、発行の年齢制限は15歳以上となっているため、高校生で自動二輪免許を持つ人でもOK。また、北國銀行の支店網は石川県・富山県・福井県の北陸3県を中心に展開していますが、東京・大阪・名古屋にも支店があり口座開設が可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事