ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドコモユーザーなら活用したい「ETCカード」とは

NTTドコモが発行しているクレジットカード「dカード」は、スマホの料金支払いでポイントが貯まるなど、NTTドコモユーザーがおトクになるカードですが、実はスマホ利用以外にもおトクになるサービスがあります。そのひとつが無料で追加できる「ETCカード」を使い、高速道路を走るケースなのです。


ドコモユーザーなら活用したい「ETCカード」とは

dカード会員はETCカードを無料で発行

NTTドコモでは、同社の携帯電話料金やコンビニをはじめとした加盟店での買い物についてポイント還元を行う「dポイントクラブ」というサービスを実施しています。そして、このポイント還元をおトクにするのが、同社発行のクレジットカード「dカード」です。

dポイントクラブのポイント「dポイント」は、通常であれば加盟店で買い物をする際、会員向けに発行される「dポイントカード」を見せることにより貯まっていきます。ところが、dカードではこれとは別に100円につきdポイントが1ポイント貯まる仕組みで、加盟店の縛りがなくなるのです。

さらに、dカード会員はETCカードを無料で発行でき、ETC利用分についても100円1ポイントが貯まります。クレジットカードのポイントは、多くの場合200円1ポイントに設定されているため、dカードはその点でもおトクなカードの部類です。

ETCカード利用でdポイントを貯める

ETC利用で貯まるdポイントは、クレジットカード利用のポイント。そこで、高速道路各社が実施中の会員サービス・ETCマイレージとの同時利用が可能です。例えば、NEXCO3社路線で通行料金2000円分をETCで走行すると、ETCマイレージ200ポイントとdポイント20ポイントが貯まります。

ただし、dポイントの利用はNTTドコモへの支払いと加盟店でのショッピング等に限られていて、高速道路の通行料金は対象外。SA・PAでのショッピングについても、NEXCO中日本路線の一部店舗に限られます。

そこで、NTTドコモ回線を契約している人は「ETCカード利用でdポイントを貯め、ポイントは携帯電話料金の支払いへ充てる」というパターンが有効。高速道路の通行料金で1%のポイント還元が受けられるカードは少ないので、ぜひ積極的に活用したいところです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事