ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC深夜割引「適用外」にならないための注意点

平日・土日に関わらず、真夜中に走るだけで高速料金が30%オフになる「ETC深夜割引」は、春休みの長距離ドライブではぜひ活用したいところ。とはいえ、ETC深夜割引は0~4時に高速道路上にいないと適用されません。長距離ドライブなどでETC深夜割引の適用外にならないための注意点を見ていきましょう。


ETC深夜割引「適用外」にならないための注意点

ETC深夜割引は大都市近郊路線も対象

NEXCO3社が実施中の「ETC深夜割引」は、深夜にあたる0~4時の間に対象路線上にいることで、すべての走行の通行料が30%オフになるというものです。対象路線の幅も広く、第三京浜・京葉道路・横浜新道・横浜横須賀道路・第二神明道路・東京湾アクアライン・関門トンネル以外すべてとなっています。

大都市近郊区間路線の多くも割引対象で車種による制限がない一方、ETC深夜割引は対象時間が0~4時となっているため、レジャー向けというよりプロドライバー向けという側面が大きい割引です。とはいえ、ETC深夜割引が一般ドライバーを除外するわけではないので、積極的に活用したいところです。

例えば、東京IC~西宮ICのように東名高速・名神高速をフルに走行した場合、通常料金が普通車1万1340円のところがETC深夜割引では7940円となり、通行料金が3千円以上割安になります。

ETC深夜割引を活用する場合、注意点はいくつかありますが、その最大のものは「とにかく0~4時に対象路線上に自動車がいる」こと。対象路線上にいるかどうかは、入口ICと出口ICの料金所通過時刻で判断されます。

ETC深夜割引待ちのトラックで混雑

そこで、早朝出発でETC深夜割引を受けるためには、4時より前に入口料金所を通過することが必須。とくに、深夜帯でもしばしば渋滞が発生する首都高速からの連続走行などでは、余裕を持ったスケジュールを組むようにしましょう。

逆に、深夜帯に戻ることでETC深夜割引を受ける場合、0時より前に高速道路を降りないことが大切。その対策として、途中のSA・PAで時間調整を行うことが考えられますが、実はETC深夜割引直前は大都市周辺のSA・PAがETC深夜割引待ちのトラックなどで非常に混雑しているのです。

例えば、名古屋方面から東京方面へ走行していて、時間調整のために22時ごろに東名高速足柄SAで休憩しようとしたところ、満車で駐車が無理。その先の鮎沢PA・海老名SA・港北PAもダメで、結局23時に東京ICを出てしまった…となるとETC深夜割引の適用外になってしまいます。

こうした事態を避けるためには、東京・名古屋・大阪といった大都市の近郊へ到着する前にあるPAを休憩ポイントとして利用することが大切。先ほどの例でいえば、新東名高速遠州森町PAで22時30分まで休憩することで、制限速度を守って走行すれば東京ICの通過時刻は0時以降になります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事