ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

過去15か月間のETC利用明細をWebで確認する方法

高速道路の料金所をノンストップで通過できるETCは便利ですが、そのままではいつ高速道路を利用したかの記録が手元に残らないことになります。そこで活用したいのが、ETCの利用履歴をあとからオンラインで確認できる「ETC利用照会サービス」。ETC利用照会サービスで、どのような情報を調べられるかをまとめました。


過去15か月間のETC利用明細をWebで確認する方法

ETC利用照会サービスには登録が必要

高速道路をETCで利用すると、出口(均一料金制の場合は入口)料金所や本線料金所・ランプでETC車載器やカーナビから通行料金のアナウンスが流れます。とはいえ、運転中にアナウンスをメモすることはほぼ不可能。このままでは、クレジットカードの明細書が届くまで、通行料金の記録が手元にないままです。

そこで、通行料金を確認するために活用したいのが、Web上からアクセス可能な「ETC利用照会サービス」です。これは、あらかじめ会員登録とETCカード登録を行うことで、過去15か月間のETC利用分の明細を確認できるサービスになります。

ETC利用照会サービスの会員登録には、ETCカード番号とETC車載器管理番号が必要になりますが、レンタカーやカーシェアの管理番号を利用した登録も可能。このことは、ETC利用照会サービスの利用案内でもアナウンスされています。

ETC利用照会サービスは確定まで時間

ETC利用照会サービスで確認できるのは、前日までにETC料金サーバーに蓄積された情報で、それぞれで通過した入口料金所と出口料金所・本線料金所、通行料金・車種・ナンバープレートの下4桁・ETCカード番号の下8桁が表示されます。表示項目で注意したいのが、「備考」欄が「確認中」となっているケースです。

これは、高速道路の利用から日が経っていないため通行料金が確定していない場合に表示されるもの。多くの場合そのままの通行料金で確定しますが、圏央道の特別区間割引や高速道路乗り放題プランを利用した場合など、「確認中」段階では割引後の料金が反映されていないこともあるのです。

そこで、正確な通行料金を知りたいときは、高速道路利用後1週間ほど時間を置く必要があります。ちなみに、高速道路乗り放題プランを利用した場合、確認中段階では料金が利用区間すべてを普通に走行したままですが、確定すると「企画割引」としてプラン料金が表示されるようになります。


便利なETC利用照会サービス出力機能

ETC利用照会サービスは利用履歴の表示だけでなく、CSV・PDFでデータ出力、利用証明書のPDF出力機能も用意されています。CSV形式で出力すれば、表計算ソフトを利用することで毎週・毎月といった通行料金の集計を簡単に行えて便利です。

また、利用証明書については1度に最大50枚分までPDF形式で出力が可能。勤務先の出張で個人のETCカードを使ったケースでは、これを印刷することで、経費精算用に使うことができます。

「領収証ではない利用証明書では税務署が認めないのでは」と不安な人もいるかもしれませんが、その心配は無用。税務署は「支払い実績が分かる資料があればそれで判断する」という立場なため、利用証明書を領収書代わりとして認めています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事