ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ハイエースが盗難車ランキングで上位に入る理由

盗難車と聞くと、高級車や人気の車種が狙われているイメージがあります。しかし、盗難車ランキングで常に上位に入っているのがトヨタ自動車の「ハイエース」です。盗まれたハイエースはいったいどこへ行くのでしょうか。盗難車ランキングでハイエースが上位に入る理由を見ていきましょう。


ハイエースが盗難車ランキングで上位に入る理由

ハイエースは盗難車ランキングの常連

日本損害保険協会の発表による2018年に最も盗難に遭った車種は、第1位が「レクサス」で、第2位が「プリウス」、第3位が「ラウンドクルーザー」と、高級車と人気車が並んでいます。そして、第4位が「ハイエース」です。

それだけではありません。ハイエースは盗難車ランキングの常連ともいえる存在。2017年はランキング第3位で、2014年から2016年まで3年連続で第2位。それ以前は2007年から2013年まで、ハイエースが7年連続でランキング1位でした。

なぜこんなにハイエースが自動車盗難のターゲットになっているかというと、その要因は需要にあります。ハイエースは中古市場でも価格が落ちにくい隠れた人気車種なのです。

ハイエース盗難のいたちごっこが続く

ハイエースは特に海外では絶大な人気があるため、窃盗団による自動車盗難によって途上国に輸出される事件が後を絶ちません。このため、ハイエースがセキュリティシステムを強化してもその度に破られるという、いたちごっこが続いています。

自動車輸出業の男性は「東アフリカなどで、ハイルーフに改造したハイエースをバスの代わりに使っている国はたくさんあります。サスペンションが頑丈なハイエースはロールが少なく、でこぼこ道でも横転しにくいので重宝されているようです」と説明します。

そのためパーツも需要が高く、日本で盗難されたハイエースは現地の事故車にパーツを移植されるケースが多いとか。車体を3分割され、スクラップ状態で輸出されるそうです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事