ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「ETC深夜割引」で料金30%オフされない失敗例

一般道が激しく混む東京・大阪といった大都市を除くと、高速道路を利用するのは長距離のときだけというドライバーも多いでしょう。東京~大阪のように500km以上のロングドライブでは、高速料金だけで1万円を超えるため、なるべく節約したいところ。そこで活用したいのが「ETC深夜割引」なのです。


「ETC深夜割引」で料金30%オフされない失敗例

ETC深夜割引を使いこなすポイント

NEXCO3社が行う「ETC深夜割引」は、0~4時の間に対象路線を走行した場合に通行料金が30%オフになるというサービス。ETC休日割引などと比べ対象路線が幅広いことが特徴です。

ETC深夜割引の対象外となるのは東京湾アクアライン・京葉道路・第三京浜・横浜新道・横浜横須賀道路・第二神明道路・関門トンネルの7路線のみです。

ETC深夜割引を使いこなすポイントは「対象時間の0~4時に高速道路上へ自動車がいること」と「高速道路を降りずに走り続けること」の2つです。高速道路へ入る料金所の通過時刻と出る料金所の通過時刻の間に0~4時が含まれていれば、その走行すべての通行料金が30%オフになります。

割引率が一定のため、高速道路の走行距離が長くなるほどお得になる金額も大きくなります。例えば、東京IC~西宮ICのように東名高速・名神高速をフルに走行した場合、通常1万1340円の通行料金がETC深夜割引では7940円となり、3400円も割安です。

ETC深夜割引を狙う車の混雑が深刻

ETC深夜割引の利用で失敗するパターンの1つが、早朝出発で4時までに入口ICに到着できなかったというもの。とくに、夏休みシーズンはETC深夜割引を狙うドライバーが増え、3時台の一般道が予想以上に混み合うことがあります。入口ICは4時ギリギリの到着を目指さず、余裕をもって出発したいところです。

これとは逆に、出口ICを0時以降に通過しようとしたのに、0時前に出てしまう失敗もありがちなパターン。たしかに、早く到着しそうならSA・PAで時間調整をすれば…と考えるかもしれません。

しかし、東京や大阪など大都市周辺のSA・PAは21時を過ぎるとETC深夜割引狙いの自動車が集まり、満車で入れなくなってしまうのです。

とくに、東名高速上り線の愛鷹PA以東は混雑が深刻で、どこのSAも満車で最後の港北PAまで入れず、東京ICを23時台に通過せざるをえない…といったことが起きがちです。こうした事態を避ける方法として、大都市から離れたSA・PAを利用して時間調整を早めに済ませてしまうというテクニックがあります。

東名高速上り線の場合、富士川SA・牧之原SAといったあたりは比較的混雑が少なくなっています。そこで、富士川SAで23時まで休憩して出発すれば東京ICまでの距離が127.5kmのため、制限速度を守って走行すれば出口ICの通過は0時過ぎになるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事