ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC深夜割引が適用外の危険「本線料金所」とは

高速道路の料金は、入口ICと出口ICの組み合わせで決まるのが基本です。ところが、一部には路線ごとの独自料金システムの区間があり、そうした場所には本線上に料金所が作られています。そして、ETC深夜割引を利用するときは本線料金所の通過は要注意で、前後の料金や時刻判定が途切れてしまうのです。


ETC深夜割引が適用外の危険「本線料金所」とは

本線料金所は料金上の境界部分に設置

高速道路本線にある「本線料金所」は、東京本線料金所のようにNEXCO3社とその他高速道路会社路線、あるいは無料区間と有料区間との間に設けられるパターンが一般的です。ところが、同じNEXCO3社路線同士を通過していながら本線料金所が設置される区間もあります。

こうした本線料金所は、そこを境に料金計算の仕組みが変わる場所に作られます。例えば、北海道のNEXCO東日本路線では札幌近郊のみ均一料金制のため、均一料金区間の出入口に本線料金所を設置して、通行料金の精算や通行券の発行が行われているのです(小樽・余市方面は出口料金所で精算)。

そして、ETC深夜割引を利用する際には本線料金所を通過するルートは要注意。というのも、本線料金所を通過する前後を連続走行とみなさないのが原則で、通過時刻によってはETC深夜割引適用外になってしまうためです。

本線料金所の通過で連続走行が切れる

NEXCO3社(仙台松島道路を含む)が実施しているETC深夜割引は、0~4時までにETC利用で高速道路を走行すると通行料金が30%オフになるというもの。ETC深夜割引対象外となるのは、東京湾アクアライン・京葉道路・第三京浜・横浜新道・横浜横須賀道路・第二神明道路・関門トンネルの7路線のみです。

ETC深夜割引を効率よく活用するポイントは、高速道路を降りずに走り続けること。というのも、入口料金所の通過時刻と出口料金所の通過時刻の間に0~4時が含まれていれば、その走行すべての通行料金が30%オフになるためです。

ところが、本線料金所を通過するルートでは、通過前後の走行は連続扱いにならないため、時刻判定も途切れてしまいます。先ほどの札幌周辺のケースでは、苫小牧西ICを出発し岩見沢ICを0時10分に降りるように走行すると、ETC深夜割引が適用になるのは札幌IC~岩見沢ICのみです。


通過前後が連続走行になる本線料金所

ただし、この規則にも例外があり、通過前後で時刻判定が途切れない本線料金所も存在します。中央道の八王子本線料金所が代表例で、この本線料金所は事実上現金車の通行料金徴収と通行券発行のみに使われていて、ETC利用時の通行料金計算や時刻判定には影響しません。

NEXCO西日本路線では近畿道を中心に西名阪道・西阪奈道路・阪和道・関空道については、ETC利用限定で本線料金所の通過に関係なく時刻判定上連続走行扱いとなります。また、本州・四国間では神戸淡路鳴門道と瀬戸中央道を利用した場合、本州路線と四国路線は連続走行とみなされます。

NEXCO東日本路線では外環道についてETC走行の特例があり、前後に京葉道路以外の高速道路を走行し、外環道を通過利用する場合に限り連続走行扱いとなります。また、京葉道路の宮ノ木JCT以東を通過するケースも、ETC利用時は前後の高速道路を連続走行したものとみなされます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事