ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

料金30%オフ「ETC深夜割引」適用外の7路線は?

NEXCO3社が行っているETC限定の高速料金割引のなかでも「ETC深夜割引」は車種の縛りがないうえ、東京・大阪周辺でも受けられるお得なサービスです。ところが、全国のNEXCO路線には、ETC深夜割引の対象外となる路線が7か所存在。なぜETC深夜割引にならないのか調べてみると、意外な事実がわかりました。


ETC深夜割引が適用外となる7路線の共通点とは?

関門トンネルはETC自体が使えない

「ETC深夜割引」は、走行時間に0~4時が含まれている場合に、高速道路の通行料金が30%オフになるという割引サービス。ETC深夜割引の割引率自体はETC休日割引と同じですが、車種の制限がないうえ、ETC休日割引の適用外となる東京・大阪周辺の「大都市近郊区間」でも多くの路線が割引対象です。

しかし、NEXCO各社路線のなかで、ETC深夜割引の対象にならない路線が全国に7路線あります。東から順にあげると、京葉道路・東京湾アクアライン・第三京浜・横浜新道・横浜横須賀道路・第二神明道路・関門トンネルです。はたして、なぜこの7路線がETC深夜割引の適用外となっているのでしょうか。

ETC深夜割引にならない理由が一番はっきりしているのは関門トンネルで、料金所にアンテナなどのETC設備自体がなく、ETCそのものが利用できないためです。なお、関門トンネルではETCカードを料金所で手渡して通行料金を支払うこともできません(ETCコーポレートカードのみ手渡しで使用可)。

アクアライン割引がETC深夜割引に優先

また、東京湾アクアラインはじつはETC深夜割引の対象路線ですが、現在は期間限定でETC深夜割引以上に割安となる「アクアライン割引」が優先的に適用されています。アクアライン割引は、国や千葉県の補助を受け実施されているため、仮に打ち切られて中止になると、ETC深夜割引が適用されます。

一方、過去の経緯からETC深夜割引対象外となっているのが横浜横須賀道路です。かつてはETC深夜割引対象路線でしたが、当時は通行料金自体が1kmあたり44円という高額な料金設定。しかし、2016年4月の料金改正でほかの大都市路線並みに値下げするのにあわせ、ETC深夜割引の適用外となりました。

そして、残りの3路線についてはNEXCO東日本・西日本に確認したところ、いずれも「元々の通行料金が他路線より安いため」とのこと。例えば、第三京浜を全線走行した場合の通行料金は普通車390円ですが、ほかの路線と同じように計算すると700円となってしまいます。

ただし、第二神明道路については、2019年4月1日から大型車・特大車に限りETC深夜割引が適用されるようになっています。NEXCO西日本によると、これは国土交通省からNEXCO西日本に対して「物流への配慮をお願いしたい」という要請があったことを受けての措置です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事