ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「GoToトラベル+ETC深夜割引」で高速代を節約

ETC限定で高速料金が割引となるサービスのうち、ETC深夜割引は対象の路線や車種の制限が緩いことが特徴です。しかし、ETC深夜割引の時間帯は大型トラックが多く、運転していて疲れやすいのも確か。そこで活用したいのが高速道路内にあるホテルで、泊まることにより深夜に運転をせず割引だけ受けることができるのです。


「GoToトラベル+ETC深夜割引」で高速代を節約

ETC深夜割引はほぼすべての路線

NEXCO3社が行うETC割引のひとつ「ETC深夜割引」は、曜日とは無関係に0~4時に高速道路を走行すると通行料金が30%オフになるというものです。ETC休日割引のように軽自動車等・普通車のみといった車種区分による限定もなく、大型バス・トラックなどを含めた全車種が対象となります。

ETC深夜割引は対象路線も広く、ETC休日割引が対象外の大都市近郊区間の多くにも適用。ETC深夜割引対象外となる路線は、東京湾アクアライン・京葉道路・第三京浜・横浜新道・横浜横須賀道路・第二神明道路(大型車・特大車は対象)のみです。

0~4時に高速道路上にいれば割引適用という条件のため、ETC深夜割引を確実に受けるためには走行時間帯を調整する必要があります。通常、SA・PAなどで休憩しながら時間調整をすることになりますが、ETC深夜割引狙いの大型トラックが多くなる0~4時のドライブは疲労がたまりやすくなってしまいます。

ETC深夜割引にGoToトラベルを活用

そこで活用したいのが、SAやPA内に立地しているホテルです。SAやPAで宿泊することで自動的に「0~4時に高速道路上にいる」ことになります。この宿泊に、政府が宿泊代金の35%オフ+15%クーポン還元を行う「GoToトラベル」キャンペーンを活用すれば、格安で長距離ドライブを楽しめることになるのです。

SA・PA上にあるホテルのうち、GoToトラベルの対象となるのは長者原SA・佐野SA・壇ノ浦PAにある「ファミリーロッジ旅籠屋」の3か所。このうち佐野SAは、上り線・下り線両方からホテルへアクセス可能で、一般道向け駐車場も用意されています。

一方、長者原SAは上り線にホテルがあり、下り線SAからの徒歩移動は不可能ではないものの1km近く歩くことになり、現実的な利用方法ではありません。また、壇ノ浦PAはPA自体が下り線のみしかなく、上り線からのアクセスはできないため要注意です。

ETC深夜割引とGoToトラベルによる割引を計算すると、首都高速方面~青森ICの場合、通常の通行料金が1万4100円のところがETC深夜割引では9870円。ファミリーロッジ旅籠屋佐野店に宿泊すると、一室5000円であればGotoトラベル適用で3250円となり、通行料金と合わせても約1000円お得になります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事