ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

夜のサービスエリアで発生中「ETC割引」渋滞とは

昼間は混雑する高速路線でも、夜22時すぎになるとぐっとクルマの数が減るのが一般的。このため、渋滞を避けるために夜の高速道路を選ぶドライバーも多いでしょう。しかし、夜の高速道路には、23時すぎのSA・PAの駐車スペースが満車で休憩できないという別問題があります。これには「ETC深夜割引」が関係しているのでした。


夜のサービスエリアで発生中「ETC割引」渋滞とは

ETC深夜割引は高速料金が30%オフ

夜間の高速道路の走行は渋滞がないという意味では快適ですが、昼間以上に疲れがたまるという声が多いのも事実。運転中に疲れてきたらSA・PAで休憩するのが鉄則です。

ところが困ったことに、平日の夜間は東京や名古屋・大阪といった大都市周辺のSA・PAはトラックで大混雑しています。とくに、大都市へ向かう路線のSA・PAでの混雑が激しく、東名高速海老名SA(上り)、上郷SA(下り)といったSAが満車になりやすい筆頭です。

その原因は「ETC深夜割引」にあります。ETC深夜割引は、毎日0~4時の間に高速道路上に自動車がいた場合、その走行について高速料金を30%オフにするというもの。車種に関係なく割引が適用されるほか、対象路線も幅広いのが特徴です。

ETC深夜割引の時間調整でトラック増

高速道路の通行料金は車種により5段階に分かれていて、大型トレーラーなどが該当する「特大車」の場合、距離あたりの料金は普通車の2.75倍。ETC深夜割引のメリットが自家用車以上に大きく、SA・PAで時間調整してでも何としてもETC深夜割引料金にしたいトラックが増えてしまうのです。

こうしたSA・PAの大混雑を避ける方法としては、大きく2つあります。1つは、大都市周辺ではなくやや離れたSA・PAを休憩場所に選ぶ方法。ETC深夜割引の時間待ちをする自動車は、0時を回ったらなるべく早く高速道路を降りて目的地に向かいたいため、目的地近くのSA・PAを選ぶからです。

そして、もう1つは21時といった早い時間帯からSA・PAに入って長く休憩を取る方法。高速料金を節約したいといっても、3時間以上も時間調整をするトラックドライバーは限られるからです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事