ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC深夜割引の30%オフは「本線料金所」に注意

ETCを使って深夜早朝に走るだけで自動的に高速料金が30%オフになる「ETC深夜割引」は、とくに長距離ドライブで活用したいもの。長距離トラックが夜にSA・PAで時間調整をするのも、当然ながらETC深夜割引狙いです。ところが、本線料金所を通過する走行は要注意で、せっかく深夜に走ってもその努力が無駄になりかねません。


ETC深夜割引の30%オフは「本線料金所」に注意

ETC深夜割引は0~4時走行で30%オフ

NEXCO3社が実施中の「ETC深夜割引」は、曜日とは無関係に0~4時の間に高速道路を走行すると、高速道路の通行料金が30%オフになるサービスです。ETC休日割引などと違い、ETC深夜割引は全車種が対象。長距離を走ることも多い大型トラックでも利用可能となっています。

ETC深夜割引は対象路線も幅広く、ETC休日割引適用外となっている東京・大阪周辺に設定された「大都市近郊区間」や沖縄道も割引対象。NEXCO3社路線でETC深夜割引対象外となるのは、京葉道路・東京湾アクアライン・第三京浜・横浜新道・横浜横須賀道路・第二神明道路・関門トンネルの7路線のみです。

0~4時に高速道路上に自動車がいればOKというシンプルな条件なため、ETC深夜割引を利用するためには時間調整が欠かせません。毎日深夜0時が近づくと、首都圏や関西圏のSA・PAが長距離トラックで満車になりがちなのは、ETC深夜割引の時間を待つトラックが多いためなのです。

ETC深夜割引は本線料金所リセット

ところが、ETC深夜割引の時刻判定は、高速道路本線上に設置された「本線料金所」を通過するとリセットされる仕組み。例えば関越道方面から走行し、新座本線料金所を23時58分に通過。その後、外環道の大泉本線料金所を0時10分に通過し外環道で降りた場合、ETC深夜割引は外環道部分の通行料金のみになってしまうのです。

ETCが普及したことで、NEXCO3社路線の本線料金所は距離制料金の関越道とIC間の料金表が設定されている外環道のように、料金システムが変わる路線の接続部分にのみ設置されています。名神高速と近畿道が接続する吹田JCTのように、JCT内に本線料金所が設置されるケースも同様です。

とはいえ、本線料金所を通過した場合も、前後の走行時間を連続扱いにする例外区間も、全国各地に存在します。首都圏では、中央道の八王子本線料金所がその代表例。また、東関道方面と富津館山道路を間に京葉道路をはさみ連続走行するケースも、この例外が適用されるのです。


ETC深夜割引は外環道の判定に注意

さらに、首都圏と関西圏には「起終点を基本とした継ぎ目のない料金の実現」という方針により、距離制料金の路線と料金表を利用する路線が混在する場所の一部で、本線料金所の前後で時刻判定が連続する場所が一部存在。首都圏の場合、関越道~外環道~東北道のように、外環道で降りずに通過する場合は、時刻判定が連続する仕組みです。

また関西圏の場合、近畿道・西名阪道・南阪奈道・阪和道・関空道については、本線料金所を通過した前後の時刻判定は連続扱い。さらに、瀬戸中央道・神戸淡路鳴門道を間にはさみ中国地方と四国地方を連続して走行する場合も、時刻判定は連続することになります。

これら例外にあたる本線料金所は、NEXCO3社が積極的に紹介することが少ないため、分かりにくい内容になっています。とくに、外環道が絡むケースは結果的に「外環道で降りてしまうと時刻判定が連続しない」という複雑な仕組みとなっているため、要注意といえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事