ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC2.0限定割引スタートに合わせたキャンペーン

「ETC2.0」は普通のETC以上に交通情報が手に入るというメリットがある一方で、料金面でのおトク度が少ないことから、あまり導入が進んでいません。しかし、今年5月から愛知・岐阜・三重の東海三県で料金システムが変わり、ETC2.0限定割引が導入される路線が登場。あわせて、車載器セットアップへの助成キャンペーンを実施中です。


ETC2.0限定割引スタートに合わせたキャンペーン

ETC2.0限定割引の対象となる路線は?

NEXCO中日本は、2021年7月31日までの期間限定で「中京圏ETC2.0車載器購入助成キャンペーン」を実施中です。このキャンペーンは、期間中にETC2.0車載器を新規にセットアップした人向けに、1台につき1万円を全員へ助成するという内容です。なお、新セキュリティ規制非対応のETC2.0車載器は対象外です。

このキャンペーンが実施される背景には、2021年5月1日から愛知県・岐阜県・三重県の中京圏の高速道路通行料金が新システムへ移行したことがあります。新料金システムは、ETC限定で名古屋高速・名古屋第二環状道路が距離別料金制となるなどさまざまな変更がありますが、そのなかにETC2.0限定割引が含まれるのです。

ETC2.0限定割引の対象となるのは、東海環状道路の全線で、ETC利用を含む通常料金が大都市近郊区間の1kmあたり29.52円/kmなのに対し、ETC2.0走行では24.6円/kmと郊外路線と同じ普通料金まで割引されます。これにあわせ、東海環状道に従来設定されていた特別料金は廃止されています。

ETC2.0車載器セットアップ店舗で参加

「中京圏ETC2.0車載器購入助成キャンペーン」への参加は、愛知県・岐阜県・三重県のキャンペーン対象店舗でETC2.0車載器をセットアップ。そのうえで、キャンペーン対象店舗に備え付けられた申込書へ記入し店舗側へ提出することで、後日助成金を受け取れる仕組みです。

キャンペーン対象店舗は、Web特設サイトで一覧リストを掲載。リストには、カー用品店のほか新車・中古車ディーラーや自動車修理工場など幅広い業種が並んでいます。また、四輪車だけでなく二輪車販売店もリストアップされており、二輪車用ETC2.0車載器セットアップも対象です。

なお、ETC2.0車載器の購入・取り付け・セットアップ費用への助成というキャンペーンの性格上、これら費用の合計が1万円に満たない場合は、実際に支払った金額が助成対象。とくに、ETC2.0のセットアップのみを店舗で作業した場合、数千円程度の費用で済んでしまうため要注意です。

さらに、キャンペーン参加者のうちETC/ETC2.0車載器未設置の車両へセットアップを行った場合、Webアンケートに答えることでQuoカード1万円分をプレゼントするサービスも実施。毎月先着2500人までが対象でそれを超えると終了となるため、早めにアンケートへ回答することが大切です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事