ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

全国に2か所だけある「ETC2.0割引」の路線は?

高速道路の料金支払いだけでなく、高速道路の交通情報もチェック可能で便利な「ETC2.0」ですが、なかなか普及が進みません。普及が進まない一番の理由は、ETC2.0を利用しても従来のETCと比べて高速料金が安くならないことにあります。しかし、首都圏と名古屋圏にはETC2.0限定で高速料金が割引になる路線もあるのです。


全国に2か所だけある「ETC2.0割引」の路線は?

5月1日から東海環状道でもETC2.0割引

高速道路の料金決済に利用するETCのなかでも、「ETC2.0」は高速道路のSAや路側帯などに設置された通信アンテナを通じて、道路情報をやりとりする機能が追加された規格です。ETC2.0車載器は、この無線通信を行うための装置が内蔵されていて、現在位置から最大1000km分の道路交通情報が受信可能といわれています。

とはいえ、100km以上離れた路線の工事情報や渋滞情報が必要なことは少ない一方で、ETC2.0車載器の価格は従来のETC車載器と比べ1万円以上割高。このため、乗用車の場合はETC2.0車載器付カーナビが標準仕様となっている高級車を除くと、あまり普及していないのが現状です。

しかし、ETC2.0利用に通行料金割引があれば話は変わってきます。実は、NEXCO3社路線のなかにはETC2.0限定で割引料金を設定している路線もあり、首都圏郊外の環状路線である圏央道に加え、2021年5月1日から東海環状道でもETC2.0割引が開始されました。

平日昼間の高速料金がETC2.0割引

NEXCO3社の距離別料金制では、大都市圏に設定されている「大都市近郊区間」とそれ以外の「普通区間」では1kmあたりの通行料金が異なります。大都市近郊区間は1kmあたり普通車29.52円、普通区間では24.6円で、これに1回あたりの利用料金150円を加え、さらに消費税が追加される仕組みです。

圏央道と東海環状道は距離別料金制ではなく、各IC間の料金表が決められた路線ですが、通常料金は大都市近郊区間とほぼ同じに設定されています。しかし、ETC2.0を利用した場合は通常料金が普通区間並みになるのです。

例えば、圏央道を白岡菖蒲IC~海老名ICまで走行した場合、通常料金は普通車3130円のところが、ETC2.0利用の場合2630円となり500円割安です。なお、ETC2.0割引はETC休日割引やETC深夜割引との重複適用はなく、休日割引・深夜割引の時間帯にはそちらが優先されます。

■「ETC2.0」おすすめ記事
全国に2か所だけある「ETC2.0割引」の路線は?
ETC2.0限定割引スタートに合わせたキャンペーン
3月から「ETC2.0」限定割引の対象路線が増える
ガソリン代の節約に「ETC2.0」を活用する方法
「ETC2.0」へアップグレードするメリットとは?
ETC2.0の意外なメリット「ガソリン代節約」とは
圏央道にある「ETC2.0」限定の割引サービスとは
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?
あえて「ETC2.0」車載器を選ぶメリットとは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事