ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows操作性が劇的に向上する“神”コマンド

Windows10は最新版のアップデートで「コントロールパネル」のメニューの位置がわかりにくくなっています。コントロールパネルの表示にいつも手間取るという人も多いでしょう。そこで、デスクトップに万能なアイコンを出現させて、Windowsの操作性が劇的に向上する“神”コマンドを見ていきましょう。


スポンサーリンク
Windows操作性が劇的に向上する“神”コマンド

Windows10のコントロールパネル

Windows10に存在する隠しモードの代表格といえば「GodMode」。これは、デスクトップで新規フォルダの名前に特定の文字列を入力すると、コントロールパネルの内容をエクスプローラーの形式で表示できるモードです。

コントロールパネルはどこに何の設定があるのか分かりづらいのが欠点ですが、このGodModeを使えば、まさに神のごとくWindowsの各種設定画面にダイレクトに飛ぶことが可能。迷わず一発で目的の設定が行えます。

エクスプローラーの形式で表示されるので、並び替えやアイコン(小/中/大/特大)・一覧・詳細などの表示選択ができる上、通常のコントロールパネルでは不可能な設定画面のショートカットを作ることも可能です。

コントロールパネルの裏コマンド

Windows操作性が劇的に向上する裏コマンドは、まずデスクトップで右クリックし、「新規作成」から「フォルダ」をクリック。新しいフォルダができたら「名前の変更」を選択します。

ここでフォルダ名に「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」を入力。フォルダがコントロールパネルのアイコンに変化すれば「GodMode」のコマンドは完成です。

これでコントロールパネルが画期的に使いやすくなるというわけ。いつも設定画面を出すのに苦労する項目は、あらかじめデスクトップにショートカットを作っておくと便利でしょう。

ちなみに「GodMode」以外にも、同様の操作で各種設定画面のショートカットを作れる裏コマンドがあります。これらのコマンドを活用すれば、Windowsの操作性は劇的に向上するでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事