ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10隠しコマンド代表格「GodMode」とは

Windows10はアップデートで「コントロールパネル」のメニューの位置がわかりにくくなっています。コントロールパネルを表示させるのに、いつも苦労している人も多いでしょう。そこで、デスクトップにコントロールパネルを出現させる、Windows10隠しコマンドの代表格「GodMode」を見ていきます。


Windows10隠しコマンド代表格「GodMode」とは

Godmodeの隠しコマンドの文字列

Windowsの操作性が劇的に向上する“神”コマンドが、その名も「GodMode」です。「Godmode」は、デスクトップに新規作成したフォルダの名前に特定の文字列を入力すると、コントロールパネルのアイコンが出現するコマンドです。

そもそもWindows10ではコントロールの場所はわかりにくいのが難点。実際には、Windowsのスタートメニューの「Windowsシステムツール」の中から「コントロールパネル」をクリックして起動させます。ただし、コントロールパネルはどこに何の設定があるのか分かりづらいのも欠点です。

ここでGodModeを使えば、まさに神のごとくWindowsの各種設定画面にダイレクトに飛ぶことが可能。エクスプローラーの形式で表示されるので、並び替えやアイコン(小/中/大/特大)・一覧・詳細などの表示選択ができます。さらに、通常のコントロールパネルでは不可能な設定画面のショートカットも作成可能です。

Windows10の「GodMode」隠しコマンドは、まずデスクトップで右クリックして「新規作成」から「フォルダ」を選択。新しいフォルダができたら「名前の変更」を選択します。ここでフォルダ名に文字列「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」を入力。フォルダがコントロールパネルのアイコンに変化します。

Godmode以外にもショートカット

この「GodMode」でコントロールパネルが画期的に使いやすくなるというわけ。いつも設定画面を出すのに苦労する項目は、あらかじめデスクトップにショートカットを作っておくと便利でしょう。

ちなみに「GodMode」以外にも、同様の操作で各種設定画面のショートカットを作れる隠しコマンドがあります。具体的には、新規作成したフォルダの名前に以下の文字列を入力。冒頭の「○○.」は任意の半角英数字を入力します。

例えば「マイコンピューター」であれば「○○.{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}」という文字列。「ネットワーク」であれば「○○.{208D2C60-3AEA-1069-A2D7-08002B30309D}」という文字列です。

「最近使った項目」なら「○○.{22877A6D-37A1-461A-91B0-DBDA5AAEBC99}」、「電源プランの選択またはカスタマイズ」は「○○.{025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}」となります。

■「Windows10」おすすめ記事
Windows10「マイコンピュータ」素早く開く方法
Windows10で見落としがちな拡張子を表示する方法

■「パソコン」おすすめ記事
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難
「LINE LIVE」はPCでもスマホでも楽しめる

■「隠しコマンド」おすすめ記事
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
Netflixで大人向けの作品が探せる裏コマンド
各メーカーのエアコンの便利な隠しコマンド集
Xperiaの不具合をチェックできる隠しコマンド
家電のブザー音や音声ガイドを消す隠しコマンド

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事