ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニ100円コーヒーの濃度比較はセブンが一番

ここ数年であっという間に浸透したコンビニコーヒーは、どのチェーンが最もコストパフォーマンスに優れているのでしょう。ここでは実際に提供されたコーヒーの濃度を測定し、その数値を比較しました。その結果、コンビニ100円コーヒーの濃度比較ではセブンイレブンが一番濃いことが判明したのです。


スポンサーリンク
コンビニ100円コーヒーの濃度比較はセブンが一番

コンビニコーヒーの濃度を比較した

セブンイレブン・ファミマ・ローソンで販売されている100円のコンビニコーヒーについて、専用の濃度計を使ってカフェ業界で一般的に使われているコーヒー濃度であるTDS(Total Dissolved Solid)を比較してみました。

コンビニコーヒーの濃度測定に使用したのはアタゴ濃度計の「PAL-COFFEE(BX/TDS)」。実勢価格は29,700円となっています。合わせて、コーヒー提供直後の温度も測定しました。

濃度比較の結果は、セブンの「ホットコーヒーR」が濃度1.28%で温度66.3度、ファミマの「ブレンドS」が濃度0.71%で温度73.9度、ローソンの「コーヒー(S)」が濃度1.24%で温度66.6度となっています。

コンビニコーヒー比較で高い数値

セブンイレブンのコンビニコーヒーは、今回比較した3つの商品の中では最も高い数値になりました。一般的なフィルターコーヒーのTDS値は1.00~1.50%程度といわれているので、十分な濃度といえるでしょう。

ファミマのコンビニコーヒーの濃度は1%を切り、調査した商品の中で最も低い数値です。一方、提供温度が他に比べて極端に高く、実際に持っていられないほどアツアツでした。

ローソンのコンビニコーヒーはセブンイレブンとほぼ同じ濃度で、通常のフィルターコーヒー程度の濃さといえます。セブンとファミマに比較してカップが薄く、やや持ちづらいのが気になるところです。

■「コンビニコーヒー」おすすめ記事
コンビニコーヒーは保温性に優れるセブンカフェ

■「コンビニ」おすすめ記事
コンビニWi-Fiの“飛び”はどこが1番かを検証
コンビニ店舗数第2位にファミリーマートが躍進
コンビニのサラダチキンはセブンのコスパが一番
コンビニ飯でマッチョになるにはこの商品を選ぶ
コンビニおにぎりは具材ごとおすすめ店舗が違う
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
セブンイレブンの宅配は弁当1個でオーダー可能
セブンイレブンの使い切りアロンアルファが便利

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事