ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ファミコンにAV端子を増設して現行テレビ対応

中古のファミコン本体を手に入れても、当時のファミコンはRF接続のため、アナログチューナーが無い現行のテレビには接続できません。そこで、ファミコンにAV端子を増設して現行テレビに対応する改造をしましょう。改造自体は非常にシンプルです。ファミコンが最新4Kテレビでも楽しめるようになります。


ファミコンにAV端子を増設して現行テレビ対応

ファミコン本体にコンポジット端子

ファミコン発売当時はコンポジット端子搭載のテレビは少なく、接続にはアンテナ端子を使うRFが適していました。このため、ファミコンのRF出力はビデオ端子の映像で使われるコンポジット信号を、わざわざ内部でRFに変換して出力しています。

つまり、ファミコンの出力はコンポジット信号にわざわざ変換することなく、メイン基板から直接取り出せるのです。とはいえ、一般的なコンポジット信号の規格とは異なるため、出力するにはビデオアンプが必要になります。

また、音声信号も基板から取り出せますが、こちらもそのまま端子をつないでもノイズや音割れが発生するので音声回路が必要です。

まずは、ユニバーサル基板にビデオアンプを組み立てます。ファミコン本体内に収めるため、できるだけ配置はコンパクトに。極性のあるコンデンサを使う時はIC側にプラス(長い足)がくるよう注意してください。

また、ICが熱で壊れるのを防ぐため、ICをソケットにはめるのはすべてのハンダ付けが終わってからにすること。音声回路もユニバーサル基板に組み立てます。

ファミコンの左右の穴に端子を設置

続いては、組み立てた回路をファミコンのメイン基板に取り付ける工程。この時、基板上のコンデンサに蓄電されていると非常に危険なので、作業前・作業中のファミコンは絶対にACアダプタにつながないようにしてください。

ビデオアンプ用の映像信号は基板上の「VIDEO」と記されたポイント、VCC(電源)は基板上の「VCC」と記されたポイントから取ります。

続いて、音声回路用の音声信号は、基板上の「45」と記されたポイントの左にある端子(46ピン)から取得。GNDはビデオアンプと音声回路共通で、基板上の「GND」と記されたポイントから取ります。

ファミコンのコントローラーケーブルが出ていた左右の穴を、それぞれ映像と音声のRCA端子設置口に流用。コントローラケーブルは前に取り回し、本体前部に穴を開けてそこから取り出すようにしました。

ビデオアンプは、RFモジュールとメイン基板の間に挿し込むようにして配置。音声回路は、RCA端子横のスペースにやはり挿し込むように配置します。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事