ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

通勤電車で座る確率がアップするテクニック3つ

通勤電車は座れるか座れないかで雲泥の差。なるべくなら通勤電車にはストレスなく座って乗りたいものです。そこで、通勤電車で座る確率がアップするテクニックを3つ紹介しましょう。通勤電車ではホームの列になんとなく並んでしまうもの。しかし、しっかり人数を計算して並ぶと座る確率がアップします。


スポンサーリンク
通勤電車で座る確率がアップするテクニック3つ

通勤電車は並んでいる人数を計算

通勤電車は「3列乗車で4番目までに並ぶ」のが1つめのテクニックです。というのも、始発駅で7人掛けの長椅子が左右に向かいあって配置された車両を想定。ホームに乗客が3列に並んでいるとします。

ここでドアから近い左側の手前3席と向かい側の3席の計6席、同様に右側の6席がほぼ確実に座れる範囲です。3列乗車で4番目なら並んでいる人数は12人。左右6席ずつのいずれかに座れる計算になります。

ターミナル駅などで乗客が入れ替わるタイミングなどはこのテクニックをそのまま活用。もし途中駅で空いている席が少ないときは、その席数と並んでいる人数を計算して、何番目までに並ぶべきかを計算すればよいのです。

通勤電車は混んでいる車両に乗る

通勤電車は「混んでいる車両に乗る」のが2つめのテクニック。空席がある車両があれば当然、その車両を狙って並んだほうがよいでしょう。ただし、通勤電車の場合は混んでいる車両のほうが、乗客の回転率が高い可能性があるのです。

というのも、通勤電車で混んでいる車両はターミナル駅の乗り換え口や出口に近い車両である可能性が高いということ。すると、ターミナル駅などに着くと乗客が一気に降りて座れる確率も高いというわけです。

そして、通勤電車は「制服を見極める」のが3つめのテクニック。通勤電車に乗っているのは社会人だけではありません。当然ながら学生も多く乗っていて、その制服から降車駅が判断できます。

制服と降車駅は一度覚えてしまえば大丈夫。降車駅で大量の学生が降りることをあらかじめ想定して、車両や立つポジションを調整しておけば、通勤電車で座る確率がアップするというわけです。

■「電車」おすすめ記事
電車事故で安全なのはパンタグラフが付いた車両

■「座る」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
のぞみの自由席に座るなら2号車を狙うのが鉄則
新幹線の座席はB席のシート幅が2cm広かった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事