ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新幹線の座席はB席のシート幅が2cm広かった

新幹線の座席は偶数号車のほうが多いため、のぞみの自由席に座りたいなら2号車を狙うというのは新幹線トリビア。このほかにも、新幹線の座席にまつわるトリビアがいろいろあります。なかでも意外なのが、新幹線の3席の真ん中。新幹線の座席はB席のシート幅が2cm広かったのです。


スポンサーリンク
新幹線の座席はB席のシート幅が2cm広かった

新幹線の座席はB席が広かった

新幹線の普通車の座席は、おおむね通路をはさんで3席と2席に分かれています。3席の窓側から順にA、B、C、2席の通路側がD、窓側がEです。この3席の真ん中、B席は基本的に人気がありません。

景色もゆっくり見られませんし、トイレにも行くのも立ちにくい場所。新幹線の指定席の座席予約でも、最後まで残るのはこのB席です。ただし、このB席にもお得なところがあります。

ほかの座席にくらべて、シートの幅が広いのです。300系以降、新幹線のB席の幅は46cmで、ほかの席より3cm広い設計。N700系ができて窓側や通路側の座席も少し幅が広がりましたが、それでもほかの座席より2cm広いのです。

新幹線の座席で仕事するなら窓側

新幹線の座席で仕事をするなら、窓側の席で電源を確保するのが基本。グリーン車は全席、普通車は窓側の席と、各車両の最前列・最後列にコンセントがついていることが多いからです。

ただし、車両のタイプによって、コンセントのあるなしや、ついている位置は違うので注意。普通車の場合も、窓側の席や最前列・最後列を確保した人だけが使えるというわけではありません。2個口や3個口のタップを持参して、通路側の人が使っても大丈夫なように工夫している人もよく見かけます。

全座席にコンセントがついていないのは電気容量の問題といわれます。しかし、2015年春に開業した北陸新幹線E7/W7系は電気容量に余裕があるので、すべての座席にコンセントが付いています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事