ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

のぞみ座席表で自由席で座れるおすすめ号車が判明

新幹線のぞみは座席表を見ればわかりますが、自由席は車両によって座席数が違っています。自由席で座れる確率を上げるなら、新幹線のぞみの座席表で席数の多い車両に並ぶのが正しい選択。そこで、新幹線のぞみの座席表でわかる自由席で座れる確率が高いおすすめは2号車です。新幹線は1号車は運転室があって座席数が少ないのはわかりますが、のぞみの座席表を見るとじつは3号車もトイレや洗面所があるため座席数が少ないのです。


のぞみの自由席に座るなら2号車を狙うのが鉄則

のぞみの座席表で自由席の号車の座席数

新幹線「のぞみ」を指定席で購入すると、どうしても出発時間に縛られてしまいます。予定が早く終わったり、逆に出発時間を過ぎてしまったりすると、わざわざ変更するなどの手続きが面倒です。そんなときはのぞみの自由席を活用しましょう。

とはいえ、新幹線のぞみの自由席は16両編成の先頭1~3号車。車両数が少ないために競争が激しいのが、のぞみの自由席です。すでに並んでいる列ができていると、望みの自由席はどこに並ぶと座れる確率が高いかか迷うところでしょう。

そんなとき、のぞみの座席表を参照して、自由席は2号車を狙います。のぞみの座席表を見れば自由席で座れる確率が一目瞭然です。

のぞみの座席表

のぞみの座席表から自由席は2号車狙い

新幹線の車両は同じ座席数と思いがちですが、のぞみの座席表を見ると座席数が大きく違っていることがわかります。のぞみの自由席に座りたいなら、座席数が多い車両に並んだほうが確率は上がるでしょう。

たしかに新幹線の1号車には運転室があるため、のぞみの座席表を見ずとも自由席の座席数が少ないのは想像がつくはず。しかし、新幹線はそれ以外の奇数号車にもトイレや洗面所などが設置されるため、のぞみの座席表を見ると座席数が少なくなっているのです。

実際、新幹線のぞみの座席表を見てみると、1号車は65席、2号車は100席、3号車は85席となっています。ちなみに、4号車は100席ですが、5号車は90席。偶数車両のほうがのぞみは座席数が多いのでした。


のぞみの座席表でわかる自由席で並ぶ号車

このため、新幹線のぞみの座席表からわかるとおり、自由席で座る確率を上げなるら2号車を狙うのが鉄則です。新幹線のぞみの自由席2~3号車に同じ数の人が並んでいるなら、座席表を思い浮かべて2号車に並ぶようにしましょう。

ちなみに、新幹線「ひかり」の自由席は16両編成の先頭1~5号車となっています。このため、ひかりの座席表から自由席で座る確率を上げるなら2号車か4号車を狙いましょう。

新幹線の自由席車両に乗車する際は、座席数の多い偶数号車の乗降口に並ぶのが正解です。これがのぞみやひかりの座席表からしかわからない、自由席で座る確率を上げる方法なのでした。

こだまの座席表でわかる自由席で座れる号車

ちなみに新幹線「こだま」の自由席は、16両編成の先頭1~6号車と後方13~16号車となります。新幹線こだまは本数が多く停車駅が多いため、そんなに混雑していないイメージを持つ人が多いでしょう。

ただし、新幹線こだまは意外に指定席が混雑しています。このため、新幹線こだまに乗るなら自由席がおすすめです。

そして、新幹線こだまの座席表から自由席で座る確率を上げる方法としては、やはり座席数が多い偶数号車が狙い目。ただし、新幹線こだまの座席表から偶数号車で座る確率を上げるといっても、最後尾となる16号車は運転席があるため座席数が少なくなるため例外です。

のぞみの自由席に座るなら2号車を狙うのが鉄則


のぞみの座席表でわからない座席の幅

新幹線のぞみの座席表ではわからない、自由席の座席の選び方もあります。新幹線のぞみの普通車の座席は通路をはさんで3席と2席に分かれています。新幹線のぞみの座席は3席が窓側から「A・B・C」、2席の通路側が「D」、窓側が「E」です。

このうち、新幹線のぞみの座席で敬遠されがちなのがB席。新幹線のぞみの座席でB席は、窓側にA席があって景色もよく見えないうえ、通路側にC席があってトイレなどに出にくい不人気シートです。

実際、新幹線のぞみの指定席の座席予約でも、最後まで残るのはB席になります。ただし、新幹線のぞみのB席にもお得なところがあることは意外に知られていません。じつは、ほかの座席にくらべてシート幅が広かったのです。のぞみの座席表からはわからないでしょう。

新幹線のぞみ自由席でおすすめの座席は?

300系以降、新幹線のB席は幅46cmで、ほかの席より3cm広い設計となっています。新幹線N700系で窓側や通路側も少し幅が広がりましたが、それでもほかの座席より2cm広いのです。新幹線のぞみの自由席の座席も、スペースだけ考えれば意外にB席が狙い目になります。

新幹線のぞみの座席表でわからない座席の選び方に、前後の間隔もあります。新幹線N700系の座席の間隔は普通車1,040mmのところ、1号車と16号車は形状の兼ね合いから1,023mm。

のぞみの自由席では、座席の前後幅からも1号車は選ばないほうがよいでしょう。のぞみの座席表、座席の前後間隔から、やはり自由席は2号車を選ぶのが正解なのでした。

のぞみの自由席に座るなら2号車を狙うのが鉄則

■「新幹線」おすすめ記事
新幹線はパックツアーでホテル代がタダになる
新幹線に安く乗る!特定特急料金をフル活用
新幹線こだまなら東京~新大阪がほぼ1万円
京都までの新幹線が5千円以上も安くなる方法
青春18きっぷの使い方が北陸新幹線で難易度UP
週末パスなら新幹線で現地入り&ローカル線攻略
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
東海道新幹線の料金が金券ショップより安くなる

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事