ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オートチャージで損しないクレジットカードは?

Suica・PASMOなど一部の交通系ICカードには、チャージ残高が不足したときに自動でチャージが行われる「オートチャージ」という機能が用意されています。このオートチャージは、チャージ残高を気にせずSuica・PASMOなどを利用できるため便利ですが、それ以上におトクな要素があり、積極的に活用したい機能なのです。


オートチャージで損しないクレジットカードは?

オートチャージで残高不足を自動回避

交通系ICカードで設定可能な「オートチャージ」とは、チャージ残高が一定金額以下で改札口を通過した場合、自動的に登録したクレジットカードなどから設定した金額分のチャージが行われるという機能です。全国相互利用対応の交通系ICカードの場合、Suica・PASMO・SUGOCAの3種類がオートチャージに対応しています。

PASMOの場合では、オートチャージが行われる残高とチャージ金額について、それぞれ1000~1万円の間から1000円単位で設定可能。PASMOのオートチャージはSuica・PASMOエリアの改札口で行われ、その他交通系ICカード対応の路線ではオートチャージは働かない仕組みです。

オートチャージを設定するためには、まず対応の鉄道系クレジットカードの入手が必要です。Suicaの場合はビューカード、PASMOであればOPカードや京王パスポートカードなどPASMO加盟鉄道会社の系列カード、SUGOCAならJQカードといった具合です。

鉄道系カードを入手した後、各交通系ICカードのWeb会員登録を行ったうえで、オートチャージの設定を行います。この際、オートチャージ金額設定に加え、入手した鉄道系カードを決済カードとして登録すれば作業は完了。なお、モバイルSuicaとモバイルPASMOは、アプリ上から登録作業を行えるため便利です。

オートチャージ分もポイントの対象

オートチャージを一旦設定すれば、対応エリア内でチャージ残高を気にせずに利用できる点が最大のメリットですが、便利なだけでなくお得になるポイントも存在。というのも、オートチャージに設定できるクレジットカードは、チャージ金額もポイントプログラムの対象となるためです。

例えば、モバイルSuicaの場合はVISA・MasterCard・JCBなどの国際ブランドのカードであれば決済カードに設定可能ですが、ほとんどのカードがSuicaチャージ分はポイント対象外になってしまいます。しかし、ビューカードをオートチャージへ設定した場合は、チャージ金額もポイント対象となるのです。

PASMOやSUGOCAも同様で、オートチャージ金額分のポイントが貯まる仕組み。さらに、PASMOの場合は入手したカードの系列鉄道会社と関係なくSuica・PASMOエリアでのオートチャージ分がポイント対象で、小田急系のOPカードでJR東日本の改札口でオートチャージした分でもポイントが貯まります。

なお、SuicaについてはJR東日本系列のビューカードが発行するカード以外ではオートチャージ分がポイント対象外、または還元率が下がることがあるので要注意です。例えば、イオンSuicaカードでは、通常のショッピングが200円=1ポイントに対し、Suicaのオートチャージ分は400円=1ポイントとなってしまいます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事