ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

栃木県のご当地系ICカード「totra(トトラ)」

交通系ICカードには、Suicaをはじめとする「全国相互利用」へ対応したもの以外に、特定地域や鉄道・バス会社のみで使える「ご当地系」といえるものも各地で発行されています。そうしたなか、3月21日から栃木県で発行されている「totra(トトラ)」は、ご当地系ICカードとSuicaの両方を内蔵したカードの第1弾として注目を集めているのです。


栃木県のご当地系ICカード「totra」のおトク度

totraのチャージ残高をSuicaで使う

3月21日からサービスを開始したtotraは、栃木県内で路線バスを運行する関東自動車・JRバス関東と宇都宮ライトレール(LRT)、そしてLRT沿線の宇都宮市・芳賀町で結成された「宇都宮ICカード導入検討協議会」が発行する交通系ICカードです。また、JR東日本が技術提供を行う「地域連携ICカード」が導入される全国初のケースとなります。

地域連携ICカードとは、地方の鉄道・バス会社へ交通系ICカードを普及するために、JR東日本などが開発したシステム。地域連携ICカードはSuicaと地方鉄道・バス会社の交通系ICカードを両方内蔵し、地方鉄道・バス会社のエリア外路線やコンビニなどでの利用時はSuicaとして機能します。

totraのサービスエリアは、関東自動車の路線バス全線とJRバス関東の栃木県内路線、そして2022年春開業予定の宇都宮LRT全線となります。totraへチャージした残高は関東自動車・JRバス関東への乗車とSuica利用を区別せず使われるため、別々にチャージを行う手間も省け便利です。

totraに上限運賃サービスも導入予定

地域連携ICカードを導入するメリットのひとつが、地域独自の割引サービスなどを追加できるということがあります。totraにも、「交通ポイント制度」が用意されており、関東自動車とJRバス関東の栃木県内路線へ乗車した場合、運賃の2%が交通ポイントとして貯まっていきます。

貯まったtotraの交通ポイントは、乗車時に運賃以上分貯まっていた際に、運賃からの割引分として使われる仕組みです。例えば、340ポイント貯まった状態で400円の区間に乗車してもポイントは使われませんが、200円区間に乗車すると全額ポイントから差し引かれることになります。

さらに、totraの普及・利用を促進するため、宇都宮市内発着の場合にtotra利用時の運賃上限が400円とする割引サービスも計画中です。宇都宮市内だけで600円を超える路線バス区間もあるため、乗車区間によっては30%以上を超える割引率となり見逃せません。

totraの上限運賃サービスは、400円を超える運賃を宇都宮市が負担することで実現されるもので、宇都宮市によると3月中に開催される宇都宮市議会でその予算案が審議中とのこと。予算が宇都宮市議会を無事通過した場合、上限運賃サービスは夏以降に実施される予定です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。