ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チョコボールの当たり「印刷の違い」見抜く方法

チョコボールは、当たりくじ付きお菓子の代表的な存在です。箱の上部にある「くちばし」と呼ばれる取り出し口側面にエンゼルが描かれていたら当たり。金のエンゼルなら1枚、銀なら5枚でおもちゃのカンヅメがもらえます。チョコボールの当たりを「印刷の違い」で見抜く方法を見ていきましょう。


チョコボールの当たり「印刷の違い」見抜く方法

チョコボールのエンゼルの印刷工程

チョコボールで当たりを効率よく手にするために、知っておくべきポイントは2つ。1つは「当たりとはずれは製造ラインが違う」ということです。

くちばしにエンゼルを印刷するという工程が加わるため、当たりとはずれのパッケージでは製造ラインを変えざるをえません。このため、当たりとはずれには、印刷のズレなどの違いが発生するのです。

加えて「はずれの製造ラインは複数存在している」ことがもう1つのポイント。単純に印刷のズレだけ見分けようとすると、はずれ同士の製造ラインの違いである可能性があることに留意しなければなりません。

チョコボールのエンゼルを見抜く作業

それゆえに、チョコボールの当たりは製造ラインごとに当たりの判別方法が異なります。無闇にチョコボールのパッケージの印刷の違いだけに注目しても、当たり箱を見つけることはできないのです。

チョコボールでエンゼルを見抜くために大切なのは、自分が買おうとしているパッケージが、どの製造ラインのものかを見極めて分別する作業になります。製造ラインの違いは、パッケージ側面のビニールに押印されている英数字から判別可能です。

実際、20個入りのチョコボールをいくつか箱買いして見ると、製造ラインを示す英数字は「AA8」と「BA8」の2種類が存在していました。まずはこの2つのグループ分けをする作業が必要になります。


チョコボールのエンゼルは20個に1個

グループ分けしたら、いよいよ当たり箱とはずれ箱との印刷の違いを探す作業。同じグループであるにもかかわらず、印刷に違いがある「仲間外れの箱」を探すことで、当たり判別の足掛かりを見つけるのです。

実際は製造ラインごとに当たりとはずれの印刷の違いは異なりますが、今回検証したピーナツでは、キョロちゃんのくちばし横に付着したゴミがないのが当たりでした。

また、キャラメルのチョコボールでは食品表示の仕切り罫線が上部の文字との距離が近い箱が当たり。はずれはすき間が空いていました。なお、銀のエンゼルは20個入りのケースに各1個ずつ入っていました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事