ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

音楽のストリーミング配信システムを自前で構築

音楽や写真など楽しい機能が満載のスマホですが、音楽ファイルなどを入れているとメモリ容量がひっ迫するのが難点です。そこで、ぜひ試したいのが音楽のクラウドストリーミング。クラウドストレージに音楽ファイルを保存して、ストリーミング再生するのです。これならメモリ容量が気になりません。


スポンサーリンク
音楽のストリーミング配信システムを自前で構築

Dropboxで音楽をストリーミング

スマホに音楽ファイルを入れると、メモリ容量が気になります。そこで、「Dropbox」などのクラウドストレージにファイルを保存して、クラウドストリーミングで音楽を再生しましょう。

具体的に、Dropboxでクラウドストリーミングを実現する方法を見ていきます。まずはPCとスマホにDropboxをインストール。PC側に共有したい音楽ファイルをアップします。

すると、スマホのDropboxのアプリからも音楽ファイルがストリーミング再生できるというわけです。スマホやタブレットでDropboxにアクセスすれば、どの端末でも同じお気に入りのリストが聞けます。

音楽ストリーミング配信システム

それでいて、どんなにDropboxの楽曲数が増えても、スマホのメモリ容量は気にする必要はありません。これで自前の音楽ストリーミング配信システムが構築できます。ただし、バックグラウンド再生には非対応です。

さらに、クラウドストレージ用音楽アプリ「Evermusic」を導入すればオフライン再生なども可能になります。EvermusicはApp Store、Google Playでダウンロードできる無料アプリです。

Evermusicアプリをインストールしたら、接続するクラウドストレージを選びます。ここではDropboxと紐付けました。あとはEvermusicにアクセスすれば、どの端末でも音楽ファイルを聞けるようになるのです。

■「音楽配信」おすすめ記事
Apple Musicの基本的な使い方をマスターする
Apple Musicの使い方は試用の自動更新に注意
Apple Musicの使い方で覚えておきたい便利ワザ
LINE MUSICの使い方!オフライン再生する方法
AWA Musicは無料期間が90日間でもっともお得
音楽配信サービスで損しないための基礎知識

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事