ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

護身用に使える防刃グローブはナックル部が違う

防刃グローブは特殊素材で刃物から手を守るアイテムとして、防災グッズとしても広く活用されています。そんな防刃グローブに護身用の機能を持たせた製品があります。ポイントは防刃グローブのナックル部分。どんな素材が使われているのか詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
護身用に使える防刃グローブはナックル部が違う

護身用にナックル部に硬質パッド

刃物から手を守るアイテムといえば防刃グローブです。工作や防災で役立ちますが、中には護身用として使えるものもあります。

「タフライト UGM-27」は、インナーに超高度ポリエチレン、グラス、ポリエステルの複合素材を採用した防刃グローブ。鋭い刃物を通しません。

そして、ナックル部に硬質パッドを内蔵! そのため、刃物を華麗にかわした後に反撃も可能。護身用にも使える防刃グローブなのです。

護身用にも使える防刃グローブ

ナックル部分に使用されているのはプラスチック材。硬質な感触が、暴漢の頬を容赦なく突き抜けるでしょう。

防刃グローブの表面には子牛革を使用。裏面は超高度ポリエチレン/グラス/ポリエステルの複合素材です。実際に刃物を引いてみましたが、まったく切れませんでした。

護身用にも使える防刃グローブのサイズは225W×192Hmmで、重さは150g。実勢価格は12,343円となっています。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「護身グッズ」おすすめ記事
催涙スプレーの噴射性能を実際に試してみた!!
催涙スプレー付きアラームライトの威力を検証
催涙スプレー付きシールドが窓口に置かれている
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
催涙スプレーは防塵マスクでないと防ぎきれない
防刃ベストが軽量化!日常着としても着用可能
防犯ブザーに電撃ショックが付いた護身グッズ
特殊警棒に催涙スプレーを仕込んだ進化系グッズ
さすまたのアームが動けば壁がなくても捕獲可能

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事