ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドアスコープは外から覗かれる危険性に注意する

ドアを開けずに訪問者を確認できるのが玄関などのドアスコープ。しかし、外からも内部の光が見えたりするように、視線は一方通行とは限りません。実際、ドアスコープから内部が見える専用スコープがあります。ドアスコープは外からも見られる危険性があることを知っておいて損はないでしょう。


スポンサーリンク
ドアスコープは外から覗かれる危険性に注意する

ドアスコープから部屋の中が見える

ドアの外から部屋の中の様子が分かるのが「リバ-スドアスコ-プⅡ」です。手の中にすっぽり収まるサイズの筒状のスコープを、集合住宅のドアに設置されたドアスコープに押し当てると、部屋の中が見えるというシロモノになります。

実際に、このリバースドアスコープを使ってみました。ドアスコープは外側にやや出っ張りがあるため、角度調整に慣れが必要。接着面には消音用のゴム素材が付いており、静かにセッティングできる仕様です。

実際に使ってみると、ドアスコープから10~15m奥の様子が見えました。スマホカメラのレンズをのぞき穴に接着させれば、撮影することも可能です。プロの調査員に重宝されているというのもよくわかります。

ドアスコープの防犯対策も忘れない

この製品はカバンの中に忍ばせておいても邪魔にはならないコンパクトサイズで、ドアスコープの角度調整も慣れてしまえば問題なし。実に静かに、スムーズに確認できるようになっています。

リバースドアスコープの内部は、アクロマートレンズ×3枚、ダハプリズム1組という特殊なレンズ構造。画角は8度になります。サイズは32φ×60Hmmで重さは64g。実勢価格は31,320円です。

このように、ドアスコープは外から見られる危険があるもの。のぞき見防止用カバーなどの対策が必要です。ドアスコープ部にカメラを取り付けて、モニターで確認できる製品もあります。ドアスコープの防犯対策も忘れてはいけません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事