ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

低価格ドローンをカーボン仕様にして安定性UP

1万円以下の低価格ドローンは機体が軽い分、ちょっとの風などであおられバランスを失ってしまいます。そこで、低価格ドローンでも安定飛行をするためにボディの強化を図りましょう。カーボン仕様にすると安定性がUPして、低価格ドローンでは難しいホバリングが可能になりました。



スポンサーリンク
低価格ドローンをカーボン仕様にして安定性UP

低価格ドローンは飛行が不安定

改造の元にする低価格ドローンはSymaのX5C。実勢価格は5,780円です。元のプラスチックボディが柔らかいため、強風でボディが歪んでしまうなど不安定な飛行の原因の多くはここにあります。ボディの強化が必要です。

ボディの材料は、ミニ四駆用グレードアップパーツのカーボンプレートを使用します。手順は、ボディを組んで配線やパーツを組み合わせるだけ。最終的に重さを合わせるのがポイントです。

ドローンをカーボン仕様にする具体的な作業を見ていきましょう。まず、本体のネジをすべて外してボディを展開します。じつはドローンは、とてもシンプルな構造。モーター、基板、配線、スイッチ類のみでできているのです。

低価格ドローンでもホバリング

骨組みは、カーボンプレートにFRPプレートで補強しました。そして、基板を交差するように接続します。基板に対して対角線を描くように、カーボンプレートを組んでいくのです。

カメラやバッテリーを設置する台座を、FRPショートプレートで作り組み立てれば完成です。基板の向きを反対にしたり、プロペラの位置を間違えないように確認は念入りに行います。

最終的には、カーボンプレートに合わせてプロペラの色をブラックに塗装。初期状態より安定感が増し、低価格ドローンでは難しいホバリングも可能になりました。モーターを強化すれば、機体の大型化も可能かもしれません。

■「ドローン」おすすめ記事
ドローン価格が9千円!200万画素カメラを搭載
クアトロックスアイは掌サイズのお手軽ドローン
ドローンとは自律移動する無人操縦機のこと
ドローン規制は飛行性能で免許導入もありえる
ドローン関連ニュースここ1年を振り返ってみる
ドローン空撮!プロの機材と操縦テクニックとは
プロ仕様ドローン空撮は安定飛行と絶妙アングル
X5C EXPLORERSは1万円以下のエントリーモデル
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事