ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーで警察官が交わしている会話とは?

一定の時間、2人の警察官が密室と化した車内で過ごす覆面パトカーの乗務。階級の違い、先輩と後輩、同じ警察官でも相手と合う合わないが出てくるのは当然のこと。実はパトカーの車内では密かに事件が起こっているのでした。元警察官に聞いた覆面パトカーで交わされている会話を紹介しましょう。


スポンサーリンク
覆面パトカーで警察官が交わしている会話とは?

覆面パトカーは大型トラックの前

「覆面パトカーは第1通行帯を大型トラックの前で身を潜めて走っています。前を見ながらも、追い上げてくる違反車がいないか後方警戒。第2通行帯を走っているクルマも携帯電話を使っていないかとか、チェックしているのでムダ口は少ない」といいます。

ただし、新人が入ってくると「ベテランがハンドルを握りながら、いろいろ教えます。取り締まりの現場というのはケースバイケース。なので、いろいろ見せて取り締まり方を覚えさせます」とのことです。

とはいえ、頃合いを見て覆面パトカーのハンドルを新人隊員に握らせると「まぁ、いろいろやってくれます」と話します。

覆面パトカーはすぐに追尾しない

「覆面パトカーは速度違反車を見つけても、すぐに車線変更をして追い上げていくと気づかれますから、間合いをとってから車線を変更して追尾します。でも、こっちは80km/hで走っていたわけですから、150km/hで走っている違反車に追いつくためには、相手以上のスピードを出さないと追いつけない」といいます。

そうなると事故ることもあります。「覆面パトカーなら赤灯を下げれば一般車ですが、黒白パトカーが事故っていると目立ってしょうがない。レッカー車が来てカバーをかけるまではさらし者です」と話していました。

「高速隊や交機隊は男所帯なんで女性の話も尽きません。女性ドライバーを捕まえた後は、キップで年齢を確認して『○○ちゃんは、見た目よりも年いってんな』とか話す」といいます。「乗務中はピリピリしていますが、分駐に戻れば男子校野球部の部室」というのが、覆面パトカーで警察官が交わしている会話なのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事