ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイがクルマの死角から追尾する神業テクとは

交通取り締まりを専門とする交通機動隊のなかでも、高いドライビング技術を備えているのが白バイ隊員です。はたして、白バイ隊員は交通違反の取り締まりでどんなテクニックを駆使しているのでしょうか。白バイ隊員が交通の流れを読む鋭い勘と、神業テクニックを詳しく見ていきます。


スポンサーリンク
白バイがクルマの死角から追尾する神業テクとは

白バイが追尾する神業テクニック

白バイ隊員は違反者を探すために、まずは交通の流れやドライバーの心理を読みます。人間は遅いクルマが前にいたら抜きたくなるのが心理です。そこで、大型トラックの前や、遅いクルマが作る交通の流れの先頭で待機します。

このほか、スピードの出しやすい橋などで待機。向かってくる車から目星をつけて、側道から本線に侵入。下り坂を利用して加速することもあります。そして、ここで駆使されるのがクルマの死角から追尾する神業テクニックです。

実際に白バイがスピード違反を取り締まるには、赤色灯を点けて追尾しなければなりません。追尾してスピードを測定するには7秒は必要になります。その間に気づかれては、せっかく身を潜めていた意味がありません。

白バイはクルマの死角で赤色灯

その時、白バイはまずサイドミラーに映らないクルマの斜め後ろに貼り付きます。そして、黄信号で信号を通過するタイミングなど、運転者が気を取られた一瞬の隙を突いてクルマの背後に回り込むのです。

背後に回り込んでも、ルームミラーとサイドミラーとの死角に潜り込むことは怠りません。白バイはクルマの死角で赤色灯を点灯させてストップメーターを押して、運転者に気づかれることなくスピードを計測します。

速度違反が確認すると、白バイはサイレンを鳴らしてクルマを停止するというわけです。白バイ隊員は、交通の流れを読む鋭い勘と神業のテクニックで違反車を一網打尽にしているのでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事