ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

飲酒運転の取り締まりは飲酒検問だけとは限りません。地域に密着した警らを得意とする自動車警ら隊は、繁華街を中心に取り締まります。そしてそこには、自動車警ら隊ならではの待ち伏せテクニックがあったのです。警らの黒白パトカーを見つけたら注意しましょう。



スポンサーリンク
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

繁華街を中心に飲酒運転取り締まり

各道府県の警察本部で管轄区域を超えた全域をパトロールする自動車警ら隊、通称・自ら隊。スピード違反などは交通機動隊だけを注意すればいいというわけではありません。

では、自ら隊はどういう取り締まりが得意なのでしょうか。警らの黒白パトカーもスピード違反などの取り締まりを行っています。自ら隊のパトカーにもストップメーターは付いているので速度違反の追尾も可能です。

しかし、やるのは飲酒運転が多いのが実状。酒のシーズンは交機隊と違反者の取り合いになるのだとか。地域に密着した警らを得意とする自ら隊は、繁華街を中心に飲酒運転を取り締まります。

飲酒運転の取り締まりテクニック

そんな自ら隊の飲酒運転の取り締まりテクニックはどういったものでしょう? 夕方に繁華街を見回り、駐車場などで車種を覚えておきます。

そして、そのクルマの持ち主が帰って来たらすかさず追跡。ほぼ飲んでいるはずなので、一時停止違反やウインカーの出し忘れなどで停車させて、飲酒で捕まえてしまうのです。

警らの黒白パトカーを見つけても決してナメてかかってはいけないのです。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「飲酒」おすすめ記事
飲酒検問は幹線道路から1本入った通りが狙い目
アルコール分解にはグレープフルーツジュース
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮
アルコールチェッカー内蔵のスマホバッテリー

■「取り締まり」おすすめ記事
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事