ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コムテックZERO 800Vはデータ更新が完全無料

コムテックの「ZERO 800V」は、2015年注目のGPSレーダー探知機です。リモコン、タッチスイッチ、タッチパネル、モーションセンサーと操作方法が4通りもあり、4.0インチの大画面で使い勝手は抜群。データ更新は完全無料です。コムテックのZERO 800Vの使用リポートを紹介します。



スポンサーリンク
コムテックZERO 800Vはデータ更新が完全無料

ZERO 800Vのはフルマップ非対応

コムテックZERO 800Vはとくに、運転中でも手のかざし方1つで画面切替や音量調節できるモーションセンサーがとても便利でした。付属クリップでサンバイザーにも装着可能。画面は180度回転する設計です。外部入力端子を備え、ドラレコの映像も映し出せます。

将来的に小型オービスが設置されそうな30km/h制限の生活道路エリアでは、ZERO 800Vがまっ先に警告を出していました。まだテスト運用されたばかりの新小型オービスの警報に早くも対応しているのです。

ZERO 800Vのはフルマップに非対応なので、普段は地図画面は表示されない仕様。しかし、警告スポット接近時には警告画面と周辺地図が全画面で出現。逆に緊急性が伝わりやすいかもしれません。

ZERO 800Vの操作性は抜群

総評として、ZERO 800Vはタッチパネルやモーションセンサー、サンバイザーにも取り付けられるなど操作性は抜群。GPSデータの情報更新も無料で、モニターも大きくて見やすい設計です。

実走チェックでは、他社のGPSレーダー探知機のなかでも最も早くからオービスを警告。しかし、近づいているのに急に無反応になることがあり、フルマップだったらと思うこともありました。

なお、ZERO 800VがOBDⅡ接続で得られる情報は、燃費や点火時期など38項目で、表示項目は138。ハイブリッド車ならエンジンパワーや最高トルクなど、さらに28項目増えます。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「GPSレーダー探知機」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
GPSレーダー探知機にはおすすめ機能がいっぱい
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ
セルスター工業AR-252GAは自動更新も可能
ユピテルGWR103sdはGPS測位の精度バツグン

■「オービス」おすすめ記事
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
新東名のオービスは門型支柱上に設置されている

■「レーダー」おすすめ記事
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事