ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コムテックの最新レーダー探知機を実走テスト

可搬式レーザーオービスが全国の都道府県警に続々と導入され、各地で神出鬼没の取り締まりが行われています。そうした無用な取り締まりを受けないために有用なのが「レーザー対応」のレーダー探知機。従来のレーダーとGPSによる探知に加え、レーザーの受信に対応し、普及が進む可搬式オービスを事前に警告してくれます。コムテックの最新レーダー探知機を実走テストしました。


コムテックの最新レーダー探知機を実走テスト

コムテックのレーダー探知機の精度

全国で可搬式オービスによる取り締まりが本格化しています。埼玉や大阪などでは「LSM-310」という、新型レーザーオービスも登場。もはや可搬式オービスへの対策のためにもレーザー対応のレーダー探知機の導入は必須の状況でしょう。

コムテックの最新レーダー探知機「ZERO 709LV」は本体背面に超広角レンズとセンサーを4基搭載することで、より広い範囲をカバー。レーダー波(Kバンド)の識別が可能になったことで、オービス以外の誤警報を抑制、受信精度も大幅に向上しています。

「LSM-300」や最新の「LSM-310」といった可搬式レーザーオービスを探知するのは背面のレーザー受光部。クアッドセンサーを搭載することで、従来モデルより広範囲をカバーします。

コムテックのレーダー探知機で共有

固定式のレーザーオービスはあらかじめ登録されたGPSデータで対応。一般道では1km手前(高速は2km)から警告してくれます。レーザー/レーダー受信に加えGPSデータによる警告を行うことで、幅広いオービスに対応しているわけです。

オプションに「レーザー&レーダー取締共有システム」を用意。他ユーザーがレーザーを受信した場所がコムテックサーバを介して共有されるので、リアルタイムの取り締まり情報を利用できる仕組みです。

コムテックのレーダー探知機の受信方式はダブルスーパーヘテロダイン(レーダー部)、パラレル33ch(GPS部)。対応衛星はGPS、グロナス、ガリレオ、みちびき、ひまわり、GAGANで、無線受信は18バンドです。サイズ/重さは99W×55.5H×22.8Dmm/約110g。価格は33,880円です。

■「レーダー探知機」おすすめ記事
新型オービス対応のレーダー探知機は何が違う?
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく

■「速度違反」おすすめ記事
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
移動式オービスにも対応する検知アプリの選び方

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事