ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デジタル簡易無線登録局の専用ボディで小型化

2016年2月に発売されたTPZ-D553は、デジタル簡易無線登録局の最大出力である5W送信が可能なフルスペック機。なのに、特定小電力トランシーバと見間違うような洗練されたコンパクトなボディ。その秘密を探るべくJVCケンウッドのTPZ-D553の開発チームにインタビューしました。



スポンサーリンク
デジタル簡易無線登録局の専用ボディで小型化

デジタル簡易無線の第2世代機

軽量・コンパクトなデジタル簡易無線登録局機は、それまでの業務機然としたデザインやサイズと一線を画したもの。第2世代機と呼ばれています。とはいえ、それまで5Wモデルはありませんでした。

そこに登場したのが、フルスペックの「TPZ-D553」です。TPZ-D553の製品コンセプトは「最小・最軽量、タバコサイズの5W機」だったといいます。

「前モデルのTPZ-D503は、基本性能を評価いただきましたが、サイズが大きかったですね。その点を反省し、次は1歩先を行く、進化した製品にしてほしいという営業サイドの意見がありまして…」と話します。

デジタル簡易無線の専用ボディ

そこで、TPZ-D553はデジタル簡易無線登録局機として専用ボディを導入しました。「業務機は海外仕様の筐体を、国内仕様に流用することがあります。なので、海外では普通のサイズでも日本人には大きく感じてしまう」のです。

しかも「北米では見た目の堅牢性も重視されるので、ボディを小さくする必要性はありません」。このため、どうしても業務機は小型化されにくいという事情があったのです。

そこで「TPZ-D553はデジタル簡易無線登録局機専用ボディで小型化しました。しかし、操作性が悪くなったり、音が悪くなったのでは意味がないので、TPZD503の機能を受け継ぎながら、限界まで小さくした」のです。

■「デジタル簡易無線登録局」おすすめ記事
デジタル簡易無線登録局は第2世代に突入した
デジタル簡易無線登録局を始める手続きと費用
ケロケロ音が減少したデジタル簡易無線登録局機
デジタル簡易無線の包括申請は意外に簡単だった
デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由
デジタル簡易無線で5W送信と小型化を両立した
デジタル簡易無線で忘れてならない開設届の提出
TPZ-D553は第2世代デジ簡登録局機の最新モデル
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事