ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

中華ハンディ「BAOFENG」と「pofung」の違い

いま中華ハンディ機がブームです。中華ハンディ機とは、中国製の安価なハンディ無線機。5,000円以下で購入できる安さが最大の魅力です。安価な中華ハンディ機をラインアップしているメーカーは「BAOFENG(バオフォン)」。中華ハンディ機について詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
中華ハンディ「BAOFENG」と「pofung」の違い

中華ハンディ機=BAOFENG

現在の中華ハンディ機ブームは、2011年頃に一部のハムが香港の通販サイトなどから、3,000円台で購入できる中国製のハンディ無線機を個人輸入し始めたことに端を発します。コピーされた国産アマチュア無線機よりも2万円近く安いので、実験・研究用として大量に輸入されました。

そして技術力のあるハムが、日本のアマチュア無線の仕様に合った改造を施して、保証を取得。晴れて合法機として運用できるようになってから、一気にブームになりました。

中国製のハンディ無線機の中にも1万円以上する高級機もありますが、「中華ハンディ機」と呼べるのは5,000円以下で購入できる製品です。この価格なら、壊れてしまうのを覚悟で改造や実験ができるからです。

安価な中華ハンディ機をラインアップしているメーカーは、福健省南安市にあるBAOFENG(バオフォン)。中華ハンディ機=BAOFENGなのです。

BAOFENGもpofungもブランド名

正式には「BAOFENG」はブランド名で、メーカー名は「Fujian Nanan Baofeng Electronic Co.,Ltd」になります。2001年の起業から2013年まで、社名の「BAOFENG」をブランド名としていましたが、2014年にブランド名を「pofung(ポーファン)」に変更しています。

これは北米での市場が拡大し、認知度が高まるにつれて、英語読みしやすいようにブランド名を「pofung」にしたようです。

公式Webサイトには「pofung」と記された無線機が掲載されていますが、「UV-5R」を日本で入手するとパッケージやボディには「BAOFENG」と記されたまま。流通在庫がたくさんあるのでしょう。こんなところも中華クオリティなのです。

■「中華ハンディ」おすすめ記事
UV-5Rシリーズが中華ハンディ機の主力の座に
中華ハンディ機のUV-3RとVX-3の中身は別モノ
中華ハンディ機は工場出荷時の5%が初期不良
中華ハンディ機を不安なく買うなら「NKT-G4」
中華ハンディ機は違法な無線機なので取扱注意!

■「BAOFENG」おすすめ記事
BAOFENGのUV-5R合法機化に用意するものとは?
BAOFENGのUV-5Rをワンクリックで合法機化する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事